【米国】ワイヤレス電源は可能 WiFiが実現したように

1世紀以上も前に、ワイヤーを使わない送電技術の実験に挑んだ発明家二コラ・テスラ――。財産をつぎ込んでニューヨークに発電所を建設したものの、失敗に終わった伝説の発明家の夢が近い将来、現実のものになるという。

米消費者情報誌コンシューマーリポートは「テスラの夢はいまだ商業ベースにおいて実現していないが、すでに一部のスタートアップ企業が実用化に向けて開発を進めている」と報じた。そう遠くない将来、スマートフォンのバッテリー切れは起こらなくなり、家電製品はコードレス化して充電不要に。店頭の商品は電子タグで管理され、空港のトイレは自動洗浄されるようになるという。

開発を進めるGuRu Wireless社のロリアン・ボーンCEOはワイヤレス電源をWiFiと比較。「20年前にはこの世にWiFiは存在していなかった」とし、「それが今ではWiFi技術を活用して様々なサービスが実現している。ワイヤレス電源もこのようになる」と語った。 同社は今年後半にもミリ波技術を使ったワイヤレス電源トランスミッタを発売する予定。室内のスマートフォンやタブレット、ノートパソコン、防犯カメラなどにワイヤレスで送電できるという。対応機器や法的な承認を得るための手続きが最終段階にあるという。

一方、送電機と受信機を製造するオシア社はワイヤーとバッテリーが不要の電子タグシステムを開発。現在一部のウォルマート店舗で試行導入されている。多くのワイヤレス機器で使われている無線周波数(2.4ギガヘルツ)を利用した仕組みだという。そのほか、赤外線を使って送電する技術を開発する企業も登場している。

技術開発が進む中、障壁も多い。オシアで技術開発を担当するカーネギーメロン大学のスワリン・クマール准教授は「開発にはコストがかかり、法規制などのハードルも高い。家や都市などを大規模にワイヤレス化するためには、この技術を大企業や社会が受け入れる必要がある」と指摘。「Qiワイヤレス充電ですら、多くのスマートフォンに搭載されるのに何年もかかった。ワイヤレス電源は実現可能だと確信しているが、それは革命ではなく(今ある技術の)進化になるだろう」と語っている。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. インターネット
    「届いた商品がイメージと違う」「想像していた大きさと違った」――。 実物を確認できないネットシ...
  2. 風力発電
    石油世界大手の英BPが2030年までに石油・ガス生産量を19年比で40%削減する方針を示したことを受...
  3. スマートフォン
    食品ロス削減に向けた広報活動の一環として、消費者庁は7月22日、ツイッター上で「賞味期限の愛称・通称...
  4. 米消費者情報誌コンシューマーリポート(CR)と道路安全保険協会(IIHS)は7月30日、安全な中古車...
  5. 消費者庁
    「販売預託取引」は原則禁止 過量販売は資料提出対象に 消費者被害を発生させている悪質事業者を「共通...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る