狙われるクレジット番号、漏えい・不正利用 消費者庁注意喚起🔓

特定のソフトウェアで構築したインターネット通販サイトが改ざんされるなどして、14万件にものぼるクレジットカード番号が漏えいしたとされる問題を受け、消費者庁は2月13日、カード番号の漏えい・不正利用に注意を呼びかけた。最近の手口を公表するとともに、クレジット会社からの利用明細書をこまめに確認するようアドバイスしている。

クレジット番号漏洩

クレジット番号漏えいの事例を公表する消費者庁担当官(13日、消費者庁にて)

消費者庁によると、手口は次のような悪質さを持つ。

消費者がインターネットショップのサイトでクレジットカード支払いを選択をすると、正規の決済画面に類似したニセの画面が表示され、ニセとは知らない消費者がその画面でクレジット番号を入力する。その後、決済が失敗しましたなどのエラーメッセージが表示され、その直後に、正規の決算画面に移動する。一瞬のことだったので、消費者は単なるエラーと思って今度は正規の決済画面にクレジット番号を入力する。これによって正常にクレジット決済が完了となり後日…(以下続く)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 大阪
    大阪府は3月31日、今年4月からの5年間に渡る「第2期大阪府消費者基本計画」を策定し、公表した。2年...
  2. 英国の消費者団体Which?
    新型コロナウイルスの感染拡大とともに売り切れ状態になったスチームクリーナーについて、英国の消費者団体...
  3. 英国の消費者団体Which?
    英国全土でロックダウン(都市封鎖)の措置が続く中、消費者団体のWhich?は自宅にこもる消費者に向け...
  4. フランス消費者同盟
    フランスで3月17日に発令された外出制限措置(いわゆるロックダウン)により、仏国内のプリンター価格が...
  5. エシカル通信簿結果発表会
    消費から持続可能な社会をつくる市民ネットワーク(京都市)は3月17日、毎年恒例となった第4回「企業の...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 英国の消費者団体Which?

    2020-4-6

    【英国】スチームクリーナーでウイルス対策「理論上有効」

    新型コロナウイルスの感染拡大とともに売り切れ状態になったスチームクリーナーについて、英国の消費者団体...
  2. 英国の消費者団体Which?

    2020-4-3

    【英国】自宅待機中はアレクサ活用を 子どもの遊び相手にも

    英国全土でロックダウン(都市封鎖)の措置が続く中、消費者団体のWhich?は自宅にこもる消費者に向け...
  3. フランス消費者同盟

    2020-4-3

    【欧州】プリンター、外出制限後に価格上昇 許可書の印字で

    フランスで3月17日に発令された外出制限措置(いわゆるロックダウン)により、仏国内のプリンター価格が...
  4. オーストラリア競争・消費者委員会

    2020-4-2

    【豪州】在宅勤務や遠隔医療で回線ひっ迫懸念 通信業界が連携

    新型コロナウイルス対策として在宅勤務や在宅教育、遠隔医療が広がる中、急増する通信トラフィックに対応す...
  5. 野菜サラダ

    2020-4-1

    FAO、今まで以上に健康的な食習慣を 野菜の摂取など5項目

    新型コロナウイルスへの対抗手段の一つとして、FAO(国際連合食糧農業機関)は3月28日、ツイッターで...
ページ上部へ戻る