【英国】塩素処理 水道水やサラダはいいけど鶏肉がダメな理由

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

貿易協定の締結に向けて米国と交渉中の英国で、食の安全安心への懸念が高まっている。その一つが英国や欧州で禁止されていて、米国では許可されている塩素処理済み鶏肉の輸入問題。塩素処理自体は水道水やパック詰めサラダにも利用されている技術だが、消費者団体Which?は9月15日、鶏肉では禁止されている理由について解説する記事を掲載した。

Which?によると、葉物野菜は土壌からのサルモネラやノロウイルス、大腸菌に汚染されている可能性があり、塩素処理(フルーツ酸、水洗浄などの方法もある)で除去する必要がある。処理方法には加熱や冷凍などの方法もあるが、サラダには不向き。処理中の塩素濃度は厳しく監視され、処理後は洗浄される。政府機関の調査では、パック詰めサラダの塩素レベルは飲料水よりも低かったという。

一方、鶏肉。加工工程の最後に鶏肉を塩素洗浄するのは、食中毒を引き起こすカンピロバクター、サルモネラ菌、大腸菌などの殺菌が目的。細菌汚染と食中毒のリスクを最小限に抑えるための重要な処理だが、英国と欧州は1997年、鶏肉への塩素処理を禁止し、衛生管理をシステム全体で達成しようという考え方に移行したのだという。

そこには欧州ならではの動物福祉の観点が盛り込まれていて、鶏肉を生産・出荷するには鶏舎のスペースや日光、換気、清掃などに関する厳しい動物福祉と衛生基準を順守する必要がある。動物福祉により健康な鶏を生産することで、病気の蔓延や細菌汚染のリスクも低減できるという。

塩素処理した米国産鶏肉の細菌レベルが欧州産よりも低いということはなく、Which?は米消費者団体コンシューマー・リポートの調査結果を紹介。米国内で市販される鶏むね肉の97%からカンピロバクターやサルモネラ菌などが検出されたという。

Which?は鶏肉の塩素処理について、「塩素を使うこと自体を懸念しているわけではない。米国には動物福祉とシステム全体の衛生基準に関する規制がなく、塩素処理だけで済まそうとしていることに懸念を感じる」と理由を語った。同団体の調査によると、英国人の74%が塩素処理鶏肉、ホルモン処理牛肉、欧州で禁止された農薬を使った食品の輸入に反対しているという。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2021

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. PL研究学会製品リコール研究部会
    PL(製造物責任)に関する総合的な研究を進めるPL研究学会(大羽宏一会長)の「製品リコール研究部会」c
  2. 消費者ネットワークかごしま
    ◎九州ブロックでは5団体目 6月15日、新たに適格消費者団体が認定された。NPO法人消費者ネットワc
  3. ノリ弁情報
    ◎「不開示理由」焦点に 「消費者の権利訴訟」と位置づけ 機能性表示食品の検証データ公開を求めて東京c
  4. 消費者庁
    ◎SNS関連のトラブル急増 センターへの相談率8%台 消費者庁は6月7日、閣議決定された「令和4年c
  5. 2022年1月1日号
    特集 令和4年版消費者白書 相談件数85万件、依然高水準 ~被害推計額は5.9兆円 Sc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る