電気自動車のバッテリー、6年で8%劣化 英消費者団体調査

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

英政府が2035年にガソリン車とディーゼル車の新車販売を禁止する方針を示したことで、さらなる普及が期待される電気自動車(EV)――。バッテリーの劣化を懸念して購入をためらう消費者も多い中、英国の消費者団体Which?がEV所有者1016人に実態調査を行い、10月23日、その結果を公表した。

調査結果によると、購入後3年以内のEVでは、バッテリーの劣化は購入時との比較で約2%程度にとどまり、平均98%だった。一方、購入後6年たったEVでは、所有者から「着実に減少している」と報告されるなど劣化が意識される状況となり、購入時と比べて機能が約8%低下し、平均92%となった。

Which?がこれまでに実施したラボテストでのEVの平均走行距離は188マイル(約300キロメートル)で、これを今回の実態調査に当てはめると、6年間で走行距離が173マイル(約277キロメートル)に低下するという。

また、バッテリーの欠陥や不具合も気になる点だが、実態調査でのトラブル発生率は3%と「非常にまれだ」とし、多くがハイエンドの大型SUVで顕著だったという。手頃な価格の中型EVでバッテリー交換が必要となった事案は1件のみだったという。

バッテリーを巡る技術は日々進歩しており、最近では手頃な価格のEVでも1回の充電で240マイル(384キロメートル)以上走行でき、充電に必要な時間もゆっくりではあるが短縮しているという。

Which?は「リースを利用するなどして車を頻繁に交換する場合はバッテリーの劣化問題は気にならないが、中古EVを買う場合はバッテリーは重要な検討項目だ」とし、引き続きバッテリーの調査を続けていくとしている。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. 英国の消費者団体Which?
    衣服の分野にも持続可能な生産・消費やリサイクルが浸透し始める中、やや取り残されている感があるのが下着c
  2. 電話相談
    公益社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会(NACS)は、10月中の土日、東京c
  3. 踏切内での電動車いす事故
    電動車いすが踏切で立ち往生し、列車と接触して高齢者が死亡する事故が、2020年までの5年間に5件発生c
  4. テレビ
    米国の消費者団体コンシューマー・リポートは9月21日、薄型テレビの掃除の仕方を紹介した。デリケートなc
  5. U.S. PIRG
    環境保護や公衆衛生に取り組む非営利団体のみで設立した米国で唯一の投資信託会社グリーンセンチュリー・キc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る