【米国】ベビーベッド用バンパーパッド禁止を 窒息の危険性

アメリカ消費者連合(CFA)や米国小児科学会など4団体は6月13日、ベビーベッド用バンパーパッドの製造・販売・輸入禁止を求める声明を出した。

バンパーパッドの禁止を盛り込んだベビーベッド安全法(Safe Cribs Act)の改正案が米議会に提出されたことを受けたもの。米国ではバンパーパッドが原因とみられる乳幼児の窒息事故が数十件起きていて、すでに一部の州では禁止措置がとられている。4団体は過去10年に渡り、政府や各州に規制を要請してきた。

ベビーベッド用バンパーパッド

柵の内側に取り付けられたバンパーパッドの一例(Kids In Dangerホームページより)

バンパーパッドはベビーベッドの柵の内側に取り付ける保護具で、柵に頭をぶつけたりするのを防ぐためのもの。子どものけがを防ぐ製品として、一般家庭や保育施設などで使われている。しかし、これまでに数十件の窒息事故が起きていて、死亡事例も相次いでいた。米国内では禁止する動きが徐々に拡大し、オハイオ州やメリーランド州、シカゴ市が禁止(非メッシュ製品が対象)し、ニューヨーク州では禁止法案が提出されている。

CFAは「バンパーパッドにけがを防止する効果があるという科学的根拠は明らかになっておらず、不要な装飾品にすぎない。CPSC(米消費者製品安全委員会)も排除に乗り出すべきだ」と指摘。子ども擁護団体のKids In Dangerは「いくつかのパッドは通気性があると宣伝しているが、騙されてはいけない。業界の基準を満たす製品でも事故が起きている」と注意を呼びかけた。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 多重債務問題懇談会
    2006年12月の改正貸金業法の成立以降、減少してきた多重債務者数の横ばい傾向が鮮明になった。金融庁...
  2. 誇大広告により販売されていたSynovia
    米連邦取引委員会(FTC)は12月5日、健康食品製造販売業者AS Research、LLC(ASR、...
  3. 加熱式たばこ警告表示
    JTは12月5日、加熱式たばこ「プルーム」ブランドの16銘柄について、パッケージデザインをリニューア...
  4. 日本消費者連盟
    日本有機農業研究会や日本消費者連盟、遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーンなど消費者・農民団体は「...
  5. 成年年齢引下げを考えるIN KYOTO
    京都の大学生が企画運営した公開ラジオ放送のトークイベント「成年年齢引下げを考える in KYOTO~...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  2. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  3. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  4. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  5. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
ページ上部へ戻る