【米国】ベビーベッド用バンパーパッド禁止を 窒息の危険性

アメリカ消費者連合(CFA)や米国小児科学会など4団体は6月13日、ベビーベッド用バンパーパッドの製造・販売・輸入禁止を求める声明を出した。

バンパーパッドの禁止を盛り込んだベビーベッド安全法(Safe Cribs Act)の改正案が米議会に提出されたことを受けたもの。米国ではバンパーパッドが原因とみられる乳幼児の窒息事故が数十件起きていて、すでに一部の州では禁止措置がとられている。4団体は過去10年に渡り、政府や各州に規制を要請してきた。

ベビーベッド用バンパーパッド

柵の内側に取り付けられたバンパーパッドの一例(Kids In Dangerホームページより)

バンパーパッドはベビーベッドの柵の内側に取り付ける保護具で、柵に頭をぶつけたりするのを防ぐためのもの。子どものけがを防ぐ製品として、一般家庭や保育施設などで使われている。しかし、これまでに数十件の窒息事故が起きていて、死亡事例も相次いでいた。米国内では禁止する動きが徐々に拡大し、オハイオ州やメリーランド州、シカゴ市が禁止(非メッシュ製品が対象)し、ニューヨーク州では禁止法案が提出されている。

CFAは「バンパーパッドにけがを防止する効果があるという科学的根拠は明らかになっておらず、不要な装飾品にすぎない。CPSC(米消費者製品安全委員会)も排除に乗り出すべきだ」と指摘。子ども擁護団体のKids In Dangerは「いくつかのパッドは通気性があると宣伝しているが、騙されてはいけない。業界の基準を満たす製品でも事故が起きている」と注意を呼びかけた。

関連記事

消費者運動年鑑2019

新着記事

  1. オーストラリア競争・消費者委員会
    オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は5月15日、ヨーグルト製品にゼラチン成分を使用しながら...
  2. 消費者庁
    政府は、国民生活安定緊急措置法の対象製品にアルコール消毒製品を追加した。5月26日から施行する。緊急...
  3. ZENB STICK
    ミツカングループが発売したまるごと野菜のスティックタイプ食品「ZENB(ゼンブ) STICK」が、日...
  4. 香港消費者委員会
    海水から採取する「海塩」の2割からマイクロプラスチックが検出されたことが、消費者団体の香港消費者委員...
  5. 電話相談
    日本弁護士連合会は、4月20日から電話とウェブで受け付けてきた「新型コロナウイルス法律相談事業」を6...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る