子どもの食物アレルギー、増加一服 東京都3歳児調査

1999年の調査開始以来、増加していた子どもの食物アレルギーが初めて減少に転じたことが10月22日、東京都の2019年度3歳児調査でわかった。主なアレルギー罹患状況は食物アレルギーが14.9%(前回調査比2.2ポイント減)、アトピー性皮膚炎が11.3%(0.2ポイント減)、ぜん息が6.6%(1.9ポイント減)、じんましんが12.6%(変わらず)などとなった。調査は5年ごとに実施しており、毎回、約4割の子どもが何らかのアレルギー疾患があると診断されていた。

2019年度調査は昨年10月の3歳児健康診査を受けた8343人を対象に実施。2727人が回答した。

調査によると、「これまでに食物アレルギーと診断された」子どもは403人(14.9%)で、前回調査(14年度)から2.2ポイント減少した。1999年の調査開始以来、減少したのは初めて。初調査となった99年度が7.9%で、以降、04度年8.5%、09年度14.4%、14年度17.1%とこれまで増加傾向だった。

一方、ショック症状を経験した子どもの割合は引き続き増加が続き、今回の調査では1.8ポイント増の12.2%となった。また、誤食を経験した子どもの割合は21.9%(3.3ポイント減)と全体の2割強を占め、そのうち69%が自宅で発生していた。

原因とみられる食物(複数回答)は「鶏卵」74.0%、「牛乳」28.5%、「小麦」13.8%、「クルミ」6.0%、「落花生」5.3%などが上位。前回調査と比べて上昇が目立ったのは「クルミ」で、2.1ポイント増加していた。

都は「調査開始以来、増加傾向にあった食物アレルギーの罹患率は、依然として高い傾向にあるものの、初めて減少となった。また、ぜん息は最も低い割合になった」などと分析。調査結果をアレルギー疾患対策に活用していくとしている。

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 電話相談
    大阪弁護士会の消費者保護委員会は4月26日・27日の両日、紅麹サプリ健康被害110番を実施する。小林c
  2. 豪州消費者団体Choice
    住宅ローンや家賃に関する苦情が増加しているのは銀行が苦境に立たされている人を十分支援していないからだc
  3. 鶏肉
    日本政策金融公庫が実施した畜産物の購入に関する消費者動向調査によると、食肉と牛乳について、およそ6割c
  4. コンシューマーリポート
    4月22日のアースデイを前に、米国の消費者団体コンシューマー・リポートは気候変動が消費者の財布に与えc
  5. 警察庁
    警察庁がまとめた生活経済事犯の検挙状況によると、2023年に全国の警察が摘発した特定商取引等事犯は前c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る