自転車の製品事故、3年連続100件超 スポーツ車が急増

傘を巻き込んだり、前輪が外れたりする自転車の製品事故が昨年までの3年に年間100件以上起き、重傷事例が多数報告されているとして、NITE(製品評価技術基盤機構)は3月25日、注意を呼びかけた。大規模なリコールが行われているハンドルロック「一発二錠」搭載自転車の事故に加え、スポーツ車による事故が急増。通勤・運動の手段や食品配達でスポーツ車の利用数が増えていることが要因とみている。

ながらスマホ

走行中の不注意による事故が毎年発生。ながらスマホやイヤホンをつけたままでの走行は危険(NITE事故再現動画より)

NITEによると、2020年までの6年間に自転車の製品事故が647件報告され、全体の6割に当たる393件が重傷となっていた。事故は17年まで年間80件台で推移していたが、直近3年間は毎年100件以上発生。18年126件、19年160件、20年109件(速報ベース)となっていた。

340万台以上のリコールが実施されている「一発二錠」に伴う事故の増加が主な要因だが、NITEはコロナ下に自転車のニーズが高まっていることも背景にあると推察。特に減少傾向だったスポーツ車の事故が昨年は13件(19年は5件)と急増。「自転車で通勤する割合が増えていること、屋外での継続的な運動として注目されている点、また、自転車による食品配達での利用数が増加している点が大きな要因だ」と説明した。

自転車事故は4月から5月に増加する傾向があり、昨年は緊急事態宣言の解除後の6月に多発した。NITEは「自転車の事故はスピードが乗った状態でけがを負うため重傷に至りやすい。人間の体は構造上、ヒトが普通に出せるスピード以上の衝撃には耐えられない」と指摘。乗車前の点検や購入後の初期点検、リコール情報の確認などとともにヘルメットの着用を呼びかけている。

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 2022年1月1日号
    特集 全相協が公開シンポ開催 「暮らしの変化と広告表示」テーマに議論 法規制求める意見 c
  2. 多摩消費生活センター
    東京都が運営する2カ所の消費生活センターのうち、多摩地域の拠点となる「多摩消費生活センター」が202c
  3. ビール
    米国の消費者3団体は11月21日、財務省アルコール・タバコ税貿易管理局(TTB)がアルコール含有量表c
  4. PETボトルリサイクル推進協議会
    PETボトルリサイクル推進協議会がまとめた2021年度ペットボトルリサイクル率は86.0%で、目標とc
  5. 電話相談
    適格消費者団体の消費者市民サポートちば(千葉市)は千葉県弁護士会と共催で、無料の電話相談「消費者なんc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る