スバル「レヴォーグ」、安全性能評価で大賞 最高得点獲得

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)は5月25日、車の安全性能を評価する2020年度「自動車アセスメント」結果を発表し、最高得点を獲得したスバル「レヴォーグ」にファイブスター大賞を授与した。スバル商品企画本部の五島賢氏は「同車は安心と愉しさの双方を高い次元で実現することを狙って開発した車。スバルは2030年死亡交通事故ゼロを目指しており、実現に向けた技術のいくつかはレヴォーグの安全技術が基本になる」と語った。

ファイブスター大賞受賞スバル「レヴォーグ」

ファイブスター大賞に輝いたスバル「レヴォーグ」。第41回日本カー・オブ・ザ・イヤーも受賞している

今回は10車種を対象に評価し、6車種が5段階評価で最高レベルの「ファイブスター賞」を獲得。そのうちスバル「レヴォーグ」は190点満点中186.91点と最高得点を獲得して「ファイブスター大賞」に輝いた。

五島氏によると、同車は事故を起こしにくくする技術や予防安全技術を採用し、衝突安全でも2016年のインプレッサから採用を開始した歩行者用エアバッグなどを搭載した。スバル初のつながる安全サービス「スターリンク」も採用しているという。

制度開始から26年目となる自動車アセスメントは評価方法が大幅に変更され、個別に評価してきた「衝突安全」と「予防安全」を統合し、総合的に評価する制度が導入された。また、ファイブスター大賞も、過去の最高得点を更新した車種に授与する方式から、年度ごとに最高得点を獲得した車種に授与する方式に変更された。

NASVAは評価結果をクルマ選びに活用するよう呼びかけるとともに、「自動車に搭載されている予防安全装置はあくまでも運転者を補助する装置。運転者は自らの手で安全運転を心掛けてほしい」と注意を促した。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. オーストラリア競争・消費者委員会
    オーストラリア連邦裁判所は11月29日、雇用関係に関する助言サービス事業者「エンプロイシュア(Empc
  2. スマートフォン
    英国の消費者団体Which?は11月24日、ほぼすべてのインターネット接続製品にセキュリティ対策を求c
  3. vzbv
    修理代が高く、修理する場所も少ないなどの理由から靴の多くが捨てられているとして、ドイツの消費者団体vc
  4. 主婦連サプリメント学習会
    薬害防止活動に尽力する薬剤師の藤竿伊知郎さんが11月24日、主婦連合会主催の学習会で講演し、健康食品c
  5. sns
    豪州の消費者団体CHOICEは11月16日、投資アプリのマーケティング戦略に注意を呼びかけた。宝くじc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る