都救済委、年金生活者「過量販売紛争」終結 4社とあっせん解決

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

「高齢世帯の見守り必要」と指摘

東京都消費生活総合センターは12月17日、「高齢者と複数店舗間のアクセサリー等の過量販売契約に関する紛争」について、4社があっせん解決、1社があっせん調停不調となったとの都消費者被害救済委員会からの検討結果を明らかにした。この紛争は申立人が80歳代後半の女性。年金生活者であることから、生活を脅かす次々販売や過量販売について、被害救済委員会がどういう判断を示すか注目されていた。

発表によると、女性は数年前から複数の事業者から勧誘を受け、アクセサリーや呉服などを多数購入。商品は店頭払いの分割で、事業者の店舗に支払いに行くと次のように、新たな商品購入を勧誘された。

「お金がないと何度も断ったが、長年付き合いのある販売員から勧められると断れない雰囲気、結局購入した。そうこうしているうちに預貯金が底を尽き、年金だけではもう払えない。要介護の認定を受けた夫と賃貸マンションに二人暮らし。子どもや頼れる親戚、近隣の人もいない。契約を解除して返金して欲しい」

高齢者家族では、このような過量販売契約は珍しいことではない。都被害救済委員会では、5社うち3社との契約は、消費者契約法改正により新設された過量販売規定に該当するとし、改正法施行日2017年6月3日以降の契約を取り消すことで合意が成立。もう1社は契約書に不備があったことからクーリングオフ解決を提示し、あっせん解決となった。

だが残る1社は、あっせん案・調停案に同意せず不調となり、手続が終了した。都消費生活総合センターは高齢者を孤立させない見守りが必要としている。

(本紙1月1日新年号より転載)

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 消費者庁
    2020年度に国と都道府県が行った景品表示法に基づく措置命令は計41件で、ともに前年度と比べて7件ずc
  2. 消費者庁
    5月の消費者月間事業の一環として、消費者庁は2021年度消費者支援功労者表彰を発表した。最高賞となるc
  3. sns
    一部のSNSに年齢制限があることを「知らなかった」保護者が4割を超え、前年とほぼ同じ割合だったことがc
  4. 英国の消費者団体Which?
    「食品の栄養が損なわれる」「がんになる」など電子レンジにまつわる神話がいまだに信じられているとして、c
  5. 枝豆
    米消費者団体コンシューマー・リポートは4月27日、美味しくて栄養価が高いとして、アジアで流通する野菜c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る