エアコンの点検・試運転はこの時期に! 事故防止と熱中症予防

東京都内で今年初の真夏日が観測されるなど本格的なエアコンシーズンが近付くのを前に、NITEは5月27日、消費者にエアコンの試運転と早期点検を呼びかけた。エアコン事故は7~8月に最も多く発生するが、この時期は修理業者にとっても繁忙期となる。NITEは「夏場に修理や点検を依頼しても数週間待ちとなる。試運転と早期点検は事故防止だけでなく熱中症予防にも有効で、比較的空いているこの時期こそチャンスだ」としている。

エアコン火災

誤った方法で内部洗浄したために発火するエアコン。適切な取り扱いとシーズン前の早期点検で快適な夏を過ごしたい(NITE発表資料より)

NITEによると、2020年度までの10年間に報告されたエアコン事故は742件。使用機会が増える7月と8月は1年で最も件数が多く、製品の故障や電源コードからの発火、内部洗浄による破損・発火などが起きていた。NITEは「故障による事故は異常な症状が出た段階で点検を受ければ防ぐこともできた可能性がある」として、早期点検の重要性を強調した。

試運転と点検のポイントは以下の通り。

まずは電源プラグや室内機のフィルターのほこりを取り除き、室外機の上や前に物が置かれていないかを確認する。

次に冷房をフルパワー運転する。最低温度(機種により概ね16~18度)に設定して、そのまま10分間試運転し、冷風が出るかどうかを確認する。

さらに30分ほど運転して▽室内機から水漏れしないか▽室内機、室外機ともに普段とは違った異音・異臭がしないか▽エラー表示が出たり運転が停止したりしないか――を確認する。

NITEは「試運転の方法を意外と知らない消費者も多い。機種によってはリモコンに試運転ボタンがあるので、詳細は取扱説明書を見てほしい」と解説した。異常が見られた場合は販売店やメーカーに連絡し、必要に応じて点検や修理を受けることが重要。NITEは「この時期にエアコンが正常に動作することを確認しておき、熱中症や事故のリスクを低減することで、快適で安全な夏を迎えてほしい」と呼びかけている。

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. パブリック・シチズン
    企業の犯罪履歴をデータベースで閲覧できるようにする「企業犯罪データベース法案」が提出されたことを受けc
  2. 消費者庁
    消費者庁は食品衛生の監視指導強化が実施される年末、食品の表示・広告の適正化をめざして都道府県等と連携c
  3. 第一生命経済研究所
    第一生命経済研究所ライフデザイン研究部はこのほど、「新型コロナ生活調査」の結果を発表した。この3年間c
  4. アルミ缶リサイクル協会50周年
    来年2月7日に創立50周年を迎えるアルミ缶リサイクル協会は12月2日、都内で記念式典を開いた。経済産c
  5. JARO山本一広さん
    日本広告審査機構(JARO)専務理事・山本一広さんインタビュー ◎消費者意見踏まえ悪質広告・表示排c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る