【英国】無人でも飛ばす「ゴーストフライト」問題を考察

英国の消費者団体Which?は2月3日、無人の飛行機を運航させる「ゴーストフライト」問題を取り上げ、環境保護団体が「航空業界のばかげた慣習だ」と警告していることを伝えた。コロナ禍で航空需要が落ち込む中、空っぽの飛行機を飛ばす理由は何なのか。

Which?によると、背景にあるのがEU法。主要空港の発着枠を維持するために、航空会社は一定の割合で定期便を運航させる必要がある。コロナ前は運航計画の80%を満たす必要があったが、パンデミック発生時、EUはこの規定を一次停凍結させた。しかし10月に復活させ、現在は航空会社に50%の維持を要請。今年3月には夏休暇の需要を見込み、64%へと引き上げるとしている。

一方、昨年のデルタ株、現在のオミクロン株の蔓延により、航空需要は依然、落ち込んだまま。独航空大手ルフトハンザはすでに約3万3000便の運休を発表しているが、1月の記者会見では、発着枠を維持するために約1万8000便のゴーストフライトが必要だと公表している。同社によると昨年1~3月、満席になった便は全体の45%程度。「(規則がなければ)乗客を割り振ることで無駄なフライトを減らすことができた」とこぼしている。

全世界の二酸化炭素排出量の2%以上を占めるとされる航空業界。悪しき慣習を止めさせるため、英議会には法改正を求める請願書が提出されているという。

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 日本ヒーブ協議会定時総会
    日本ヒーブ協議会は4月19日、今年度定時総会と記念公開講演会を会場及びオンライン参加との併用で開催、c
  2. ろうそくの燭台
    ◎火の点いた芯飛ぶことも 東京消防庁管内で2022年、ろうそくによる火災が36件発生し、過去10年c
  3. 子どもケミネット
    ◎発足2年目 国際プラスチック条約会合でロビー活動も 昨年4月に発足した「有害化学物質から子どもをc
  4. 公益科学センター
    米食品医薬品局(FDA)は5月8日までに、動物における意図的なゲノム改変(IGA)の規制・承認アプロc
  5. ベニコウジ色素
    ◎食の安全グローバルネット、研究者招き呼びかけ 4月24日、参議院議員会館で「紅麹(小林製薬)とベc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る