「危害」相談995件 東京都上半期 化粧品・健康食品が上位

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

商品・サービスでけがや疾病を受けたという「危害」相談が2021年度上半期(昨年4-9月)に995件寄せられたことが、東京都の調べでわかった。前年同期と比べて3.4%減少したものの2017年度以降、年間2000件前後で推移しており、高止まりの状況にあるという。上半期は定期購入トラブルに関連した化粧品や健康食品の危害相談が上位を占めた。

商品・サービス別の上位10位は▽他の化粧品(91件)▽健康食品(88件)▽美容医療(82件)▽基礎化粧品(70件)▽頭髪用化粧品(54件)▽エステティックサービス(42件)▽賃貸アパート(42件)▽整体(36件)▽パーマ(31件)▽スポーツ・健康教室(24件)の順。

前年度まで毎年1位だった「健康食品」は、定期購入トラブルの相談件数が大きく減少し2位になった。1位の「他の化粧品」は、まつ毛美容液の定期購入トラブルの相談が急増したことが要因。そのほか増加傾向がみられたのは、シャンプーなどの「頭髪用化粧品」、カビなどによる体調不良といった「賃貸アパート」など。

相談事例としては「SNSで見つけた広告を見て、初回お試し500円のダイエットサプリメントを1回のつもりで注文した。飲んで30分程で強い腹痛と下痢が起こった」(50歳代・女性)、「化粧品メーカーの店舗に立ち寄り、店員に肌が弱いことを告げたところ、クレンジングオイルを勧められた。肌が弱い場合は通常ならパッチテストの説明をされるはずだが、その説明はなく『無添加なので大丈夫』と強調され、試供品をもらった。その日に試してみたところ頬に赤い湿疹ができ、皮がむけた」(50歳代・女性)などが寄せられた。

危害相談は多くの場合、因果関係の特定が困難だといい、都は▽表示や取扱説明書を事前によく確認し、正しく使用・利用に努める▽体調を崩した疑いがある時は、速やかに使用・利用を止めた上で医療機関を受診する――よう呼びかけた。また、被害防止の観点から、危害について事業者に速やかに申し入れることが重要だとしている。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2021

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 2022年1月1日号
    特集 令和4年版消費者白書 相談件数85万件、依然高水準 ~被害推計額は5.9兆円 Sc
  2. 兵庫県立消費生活総合センター
    兵庫県立消費生活総合センターがまとめた2021年度の県内消費生活相談状況によると、定期購入に関する苦c
  3. 消費者教育教材資料表彰2022
    消費者教育支援センターは6月27日、都内で「消費者教育教材資料表彰2022」の表彰式を開催し、最高賞c
  4. 豪州消費者団体Choice
    豪州の消費者団体CHOICEが実施した調査で、大手小売り3社が店内に顔認証機能付き監視カメラを設置しc
  5. 上部隆男さん
    東京都消費生活総合センターで6月21日、ガラス製品のトラブル事例を体験する実験実習講座が開かれ、参加c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る