消費者安全調査委、発足10年で23件を調査 実績報告書を公表🔒

◎年平均2件、1件当たり調査期間20カ月 「時間かかりすぎ」との指摘も

消費者安全調査委員会(消費者事故調、中川丈久委員長を含む委員7人で構成)は設立10周年を10月1日に迎えることから9月29日、10年間の活動報告書をまとめ、公表した。活動実績を踏まえた次の第6期消費者事故調に期待する取組も盛り込んだ内容。ただ、委員の間での内輪の検証であり、実績の評価には自画自賛の甘い部分も。中川委員長は「消費者からも報告書への意見をどんどん寄せて欲しい」と述べている。事故の原因究明調査に時間がかかりすぎるなどの指摘もある。

消費者安全調査委員会

活動実績をまとめた報告書を公表する消費者安全調査委員会(9月29日)

消費者事故調は2012年10月に設立された。今年の9月一杯までが第5期委員の任期期限。10月には第6期委員会がスタートする。報告書には次期委員会への「提言」も盛り込まれた。大きくは「10年間の主な活動実績」「設立時の方針と総括」「今後の委員会に求められる役割と機能」などで構成されている。

10年間の活動を振り返った概括としては「10年を通じ、消費者事故全般を対象とする事故調査機関という困難な組織モデルを目指し、課題はあるが概ね実現」したとしている。

報告書によると、消費者事故調が10年間で調査対象とした事故案件は23件、調査報告書の作成・公表は現在進行中の3件(HIFU、トランポリン、学校設備)を除く19件、年平均2件の割合という。1件あたりの平均調査期間は約20カ月。最短は「水上設置遊具溺水事故」の7カ月。最長は「エレベーター事故」の46カ月。調査期間が長いとの指摘に対しては……(以下続く)

(本紙「ニッポン消費者新聞」10月1日号より一部転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン
📌ファクティバ

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 水
    米国立衛生研究所(NIH)が今年1月に公表した研究成果によると、市販のボトル入りウォーター1リットルc
  2. 消費者安全調査委員会
    消費者安全調査委員会(消費者事故調、中川丈久委員長)は4月25日、スポーツジムなどで発生している「パc
  3. PFASワーキンググループ
    食品安全委員会のPFASワーキンググループは4月26日、第8回会合を開き、「PFAS(有機フッ素化合c
  4. 米国の保険関連非営利組織「国家保険犯罪局」(NICB)は5月9日、盗難車に関する2023年報告書をまc
  5. 伝統的易学業界
    国民生活センターも参加、トラブル事例を解説 伝統的な易学の研究・普及に取り組んでいる占い関連団体がc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る