栗のオーブン加熱 切り込み不十分だと破裂 長さと深さポイント

電気オーブンや電子レンジで焼き栗を作る際、栗の皮への切り込みが不十分だと加熱中に破裂するおそれがあることが、NITE(製品評価技術基盤機構)とレシピサイト大手クックパッドの実証実験でわかった。食材が無駄になるばかりでなく、やけどや発火・火災につながる可能性もあるとして、安全な調理方法を紹介している。

焼き栗破裂

NITEとクックパッドによる実証実験の1シーン。激しく破裂し中身が飛び散っている(NITE提供)

実証実験では、オーブンとレンジにおける焼き栗調理の危険性を検証した。「切り込みを入れずにそのまま加熱」、「鬼皮のみ切り込みを入れて加熱」、「渋皮まで切り込みを入れて加熱」した場合の3パターンを設定し、調理時間はオーブンが200℃および250℃で20分、レンジが700Wで3分とした。

その結果、切り込みの入っていない栗や切り込みが不十分な栗はオーブン・レンジともに破裂し、中身が庫内に飛び散った。特にレンジでは1分30秒程度の短時間に破裂が生じ、その衝撃で扉が開いてしまったため実験を中断せざるを得なかった。また、破裂する栗の割合はオーブンよりもレンジのほうが高い傾向が確認された。

破裂した理由について、NITEなどは「加熱により栗内部で蒸気が発生し、鬼皮で閉じ込められて内圧が高まったため」と分析。特にレンジでは「内部温度が急速に高くなり、より多くの破裂に至ったと考えられる」と考察した。

破裂を防ぐには「栗の半周程度以上の長さ」の切り込みを「渋皮まで達する深さ」で入れることがポイント。レンジ調理では、そもそも殻や膜のある食品の加熱を禁止している場合があり、取扱説明書を確認して安全に調理することが重要だとした。切れ目を入れるよう記載されている場合は、切り込みをしっかりと入れたうえで様子を見ながら少しずつ加熱するよう勧めた。

加熱した栗は調理を終えた直後にも破裂する恐れがあるため取り扱いに注意が必要。また、食材の汚れが付着したままオーブンやレンジを使い続けると、発火や火災につながる可能性があるため、こまめに清掃を行うよう呼びかけている。検証実験の様子や注意ポイントをまとめた3分弱の動画がNITEのYouTube公式チャンネル「せいあんちゃんねる」で公開されている。

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. パブリック・シチズン
    企業の犯罪履歴をデータベースで閲覧できるようにする「企業犯罪データベース法案」が提出されたことを受けc
  2. 消費者庁
    消費者庁は食品衛生の監視指導強化が実施される年末、食品の表示・広告の適正化をめざして都道府県等と連携c
  3. 第一生命経済研究所
    第一生命経済研究所ライフデザイン研究部はこのほど、「新型コロナ生活調査」の結果を発表した。この3年間c
  4. アルミ缶リサイクル協会50周年
    来年2月7日に創立50周年を迎えるアルミ缶リサイクル協会は12月2日、都内で記念式典を開いた。経済産c
  5. JARO山本一広さん
    日本広告審査機構(JARO)専務理事・山本一広さんインタビュー ◎消費者意見踏まえ悪質広告・表示排c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る