【米国】CO中毒死防止へ ポータブル発電機の安全強化案を支持

米国古参の消費者団体ナショナル・コンシューマー・リーグ(NCL)は6月28日、米消費者製品安全委員会(CPSC)の公聴会に出席し、ポータブル発電機の安全性を高める規則案を強く支持すると表明した。同団体のサリー・グリーンバーグCEOは「消費者は停電時にポータブル発電機に頼ることになるが、一酸化炭素(CO)の排出量が車からの排出よりもはるかに高い危険なレベルに達することがあることを知らない人も多い」と語り、製品に安全機能の搭載を義務付ける規制案を高く評価した。

ポータブル発電機はCPSCが管轄する最も危険性の高い消費者製品の一つ。米国では2004年から2021年までに1332人(年平均74人)がCO中毒で死亡し、近年、増加傾向にあった。また、死亡事故の4分の1は死者が複数人発生する事例で、中には家族全員が巻き込まれるケースもあった。

CPSCの規制案は排出ガス削減、CO検出、自動停止の3つの機能の搭載を義務付けるもの。CO排出量を低減させた上で、一定レベルのCO排出があった場合に自動で停止するようにする。CPSCは長年、メーカーに自主的な安全対策を求めてきたが、死亡事故の増加を受けて法規制に乗り出した形。アレクサンダー・ホーン=サリッチ委員長は「この問題はあまりにも長く続いており、毎年あまりにも多くの人が亡くなっている」とコメント。「中毒事故を防ぐ技術はすでに存在しており、致命的な問題を解決するため、企業にこれらの導入を義務付ける」とし、メーカーまかせの安全対策が失敗に終わったことを認めた。

公聴会でNCLは「気候変動に伴う自然災害が頻発しているため、規制案を早急に導入する必要がある。一部の製品にはすでに安全機能が搭載されており、すべての製品に規制の網をかぶせ、防止可能な死亡事故を迅速になくすべきだ」と訴えた。

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 東レインターナショナル片岡社長
    東レ100%出資のメーカー商社、東レインターナショナルは6月13日、グループ初となるアップサイクル事c
  2. 消費者庁
    ◎消費者庁、景品表示法に基づく法的措置概要を公表 消費者庁が公表した景品表示法に基づく法的措置概要c
  3. みそ汁・スープのやけどに注意
    6月11日に閣議決定された水産白書によると、2022年度における魚介類の1人1年当たりの消費量は22c
  4. 日本人の多くの年代で不足がちなたんぱく質。通常の食事で不足するたんぱく質を補うために、各メーカーからc
  5. 欧州委員会が中国製の電気自動車(EV)に最大38.1%の追加関税を課す方針を示したことについて、欧州c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る