<米国>ゴマアレルギー対策に乗り出す食品大手 情報開示進む

  • 2018/5/14
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

食品政策を監視する米国消費者団体「公益科学センター(CSPI)」はこのほど、食品大手22社のうち14社がアレルギー物質として「ゴマ」を表示することを宣言したと発表した。残る8社は現行の表示を続ける意向で、CSPIは「消費者は潜在的なアレルギーリスクに依然としてさらされることになる」とコメントした。

これまでゴマは「スパイス」や「天然香料」として表示される場合があり、アレルギー患者を長年苦しめてきた。CSPIは2014年から表示の義務化を求める運動を展開。今回の調査結果を踏まえ、FDA(米食品医薬品局)に対し「食品企業の取り組みと現行の表示制度の間に生じたギャップを埋めるべきだ」として、改めて対応を求めた。

米国にはゴマアレルギー患者が30万人以上いるとされ、ゴマは「ビッグエイト(表示が必要な8つの成分=牛乳、卵、魚、甲殻類、ナッツ、ピーナッツ、小麦、大豆)」に次ぐ「9番目の成分」と呼ばれてきた。しばしば重い症状が出ることがあり、8成分よりも救急搬送された患者数が多いとの報告もあった。

食品大手の一部も対策に乗り出しており、ゼネラルミルズなどはウェブサイトにアレルギー対策ページを設置し、ゴマを明確にアレルギー成分として取り扱っていた。一方、シュワンズ・フードは一部商品にゴマを含む天然香料を使用しているが、アレルギーリストに表示をしていなかった。

(本紙「ニッポン消費者新聞」5月1日消費者月間号より大幅加筆し転載)

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. コンシューマーリポート
    クレジットカード発行会社が、会員に無料提供してきた特典の廃止・縮小を加速させている。シティーバンクは...
  2. 香港消費者委員会
    消費者問題に関する報道を表彰する第18回コンシューマー・ライツ・レポーティング・アワード(CRRA)...
  3. コンシューマーリポート
    「新車にスペアタイヤが付いてないことに気づいた! 私は騙されたの?」――。そんな消費者の質問に対する...
  4. 東京都庁
    東京都はこのほど昨年度のインターネット広告の監視事業結果を発表。2万4千件の広告を監視し、うち338...
  5. 電気ポットのパッキン
    お湯を沸かして保温する「電気ポット」に関連した子どものやけど事故が5年間に206件起きていることが8...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る