ワイヤレス全盛も「有線ヘッドホン健在」 高音質で省電力

  • 2018/6/18
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

スマートフォンメーカー各社が音楽視聴用にワイヤレスヘッドホンを推奨する中、米消費者情報誌コンシューマーリポートは6月16日、有線ヘッドホンを改めて見直すよう呼びかけた。利便性では劣るものの「高音質で省電力だ」と評価している。

同誌エレクトロニクステスト担当ディレクターのMaria Rerecich氏は、毎年40製品以上のヘッドホンを対象に、音質、快適性、ノイズキャンセレーションなどを測定する詳細な商品テストを実施していることを報告。テスト結果をもとに「入力ジャックを必要としないワイヤレスヘッドホンは利便性の面で非常に優れているが、究極の音質を求めるならクラシカルな有線式が勝る」とコメントし、最高の有線ヘッドホン5銘柄を紹介した。

その5銘柄とは▽GRADO Prestige(グラド・プレステージ)SR325e▽Scosche SportFlex 3▽1MORE E1001(トリプルドライバー)▽Bose QuietComfort 25▽GRADO Prestige(グラド・プレステージ)SR80e。

300ドル近くする製品やかさばるもの、スマホによって一部の機能が利用できないものが含まれているが、いずれも高音質。特に最初に取り上げたGRADO Prestige(グラド・プレステージ)SR325eは「同誌によるテストで最高の音響品質を備えた最上級ヘッドホンの一つだ」と評価した。

Rerecich氏は「入力ジャックのわずらわしさに縛られても構わないのなら」とした上で、音質面で有線式を推奨。そのほかの利点として▽端末のBluetoothをオフに設定できるため、スマホのバッテリーが長持ちする▽低価格帯の製品はワイヤレス式よりも価格が安い――こともあげた。

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. 米連邦取引委員会
    米連邦取引委員会(FTC)は2月20日、コンシューマーブログを更新し、これまでに作成した啓発動画の活...
  2. 悪質クレーム対策推進法案
    国民民主党は2月20日、「消費者対応業務関連特定行為対策の推進に関する法律案」(悪質クレーム対策推進...
  3. キユーピー地元マヨ
    今年創業100周年を迎えるキユーピーは2月19日、新しいマヨネーズタイプの調味料をエリア・数量限定で...
  4. アメリカ消費者連合
    メリーランド州最大都市ボルチモアの葬儀場がインターネット上に料金表示を始めたことを受け、アメリカ消費...
  5. ロボット掃除機で火災
    ロボット掃除機に押されて動いた電気ストーブが可燃物に接触し、火災となる事例が2件発生したことが、東京...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る