無線製品の9割が基準不適合 カメラやモニター、マイクなど

消費者向けに市販されている無線施設140機種のうち126機種(9割)が電波法に定める「著しく微弱」の基準に適合していないことが、総務省の2017年度試買テストでわかった。いずれの機種も最大値が基準を大幅に超えており、電波障害を引き起こす恐れがある。同省は消費者が誤って購入しないよう、型式や画像をホームページで公表している。

無線を使った防犯・見守り製品などが多数登場したことを受け、同省は2013年度から試買テストを開始。17年度はインターネット通販サイトなどから140機種(1機種につき2台)を購入し、免許を必要としない「著しく微弱」の基準内にあるかを調べた。

その結果、2台とも基準不適合だったのは126機種。スマートフォンの音楽データを車のカーオーディオで再生できるFMトランスミッター、防犯用のワイヤレスカメラ、トランシーバー、携帯ジャマー、ワイヤレスマイク、ベビーモニターなど幅広い製品で確認された。これらの機種はすべて同省ホームページにおいて、型式や製造・販売・輸入業者、製品画像、測定値などが公表されている。

同省は、事業者に対し、製品改善、販売中止、製品回収などを要請、ネット通販サイト運営会社や業界団体にも対応を求めた。今年度は200機種を対象にテストする予定。結果が出たものから順に年3回に分けて公表していくとしている。基準不適合な無線設備を使用していると電波法違反(無線局の不法開設)を問われる恐れがあるため、消費者は注意が必要だ。

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. ブロードバンド消費者ラベル
    米連邦通信委員会(FCC)は4月10日、ブロードバンドの料金やサービス内容が一目でわかる「ブロードバc
  2. 水
    ◎延べ7401人参加、3年連続増加 市民が水辺に散乱するごみの状況を全国規模で調査する「全国水辺のc
  3. コンシューマーリポート
    米環境保護局(EPA)は4月10日、飲料水中のPFAS(有機フッ素化合物)について、強制力を持つ初のc
  4. あきたこまちR問題学習会
    ◎来年から実用化、表示義務なし 来年より秋田県で生産されるコメがカドミウム汚染対策米として開発されc
  5. マリナトゥ・ナダソンCI会長
    各国消費者団体で構成する国際組織「国際消費者機構」(CI、本部・ロンドン)は4月8日、昨年末に行われc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る