今年もエコ活コンクール、壁新聞・絵日記募集 大西亮真さん🔓

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

日本環境協会教育事業部長・こどもエコクラブ全国事務局長 大西亮真さん

◎各地で活発化こどもエコクラブ 環境活動事例を紹介

「環境を大切にする社会の実現は世界の共通目標です。しかし、その達成は並大抵ではできません。子どもの頃からの、自発的、積極的な環境活動に楽しく参加できるたくさんの機会を子どもたちに提供していくことが求められています」

日本環境協会・大西亮真さん

持続可能な社会の実現に寄与することを活動目標に置く公益財団法人日本環境協会。同協会は環境省が1995年から実施してきた「こどもエコクラブ」事業を2011年、同省から継承した。この事業は子どもたちが主体的に環境活動に取り組める「場」を設定している。現在環境省の後援、地方公共団体、企業などからの支援を受け全国で展開。大西さんはその全国事務局長の重責を担う。

「こどもエコクラブは3歳の幼児から高校生まで、ご家庭や友達同士、1人でも何人でも、登録できる環境活動クラブです。自然観察やリサイクル活動など、様々なエコ体験を通して自然を大切に思う心と、問題解決へ向けて自ら考え行動する力を育むことを活動の目標に置いています」

現在では、47都道府県、約400の市区町村で登録されているこどもエコクラブ。登録数は9月末現在約1600クラブ、登録メンバー数は約8万2300人。これまでに延べ約260万人の子どもたちが参加してきた。事業が始まって25年。社会に巣立った“元子どもたち”も多い。

「環境活動は続けることが大切です。こどもエコクラブでの活動をきっかけに、その後の…(以下続く)

(本紙11月1日号「消費者問題はいまー提言」欄より抜粋して転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. 日本生活協同組合連合会
    日本生活協同組合連合会が実施した2020年度「家計・くらしの調査」によると、昨年(1-12月)の消費c
  2. 豪州消費者団体Choice
    豪州の消費者団体CHOICEは9月16日、ペットフード安全法を求める署名運動に開始1カ月足らずで2万c
  3. DECO過剰包装削減キャンペーン
    ポルトガル最大の消費者団体DECO PROTESTEは9月14日、過剰包装削減キャンペーンを開始したc
  4. 東京都健康安全研究センター
    鶏内臓によるカンピロバクター食中毒が発生していることなどから、東京都健康安全研究センターが鶏レバー、c
  5. アグリビジネス
    新型コロナ禍の巣ごもり需要で園芸市場が急成長する中、豪州の消費者団体CHOICEは9月6日、購入後にc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る