コープ商品強化、アレルギー対応食品発売へ 18年度中

  • 2018/6/21
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

日本生活協同組合連合会は、コープ(CO・OP)商品の商品力強化の取り組みの一環として、アレルギー対応食品の開発を進めていることを明らかにした。表示義務のある特定原料7品目(卵、乳、小麦、落花生、えび、そば、かに)不使用商品として、うどんやパン、菓子をシリーズ化する予定。2018年度中の発売を目指す。

6月15日開催の記者会見で発表された。

嶋田裕之・代表理事専務は「生協はもともと食品公害、添加物の問題に古くから取り組み、その時々の消費者の関心ごとに寄り添いながら、それを商品という形に具現化してきた。いまアレルギーの問題が深刻化しており、アレルギーに対応したコープ商品への期待も高い」と開発に着手した経緯を説明。一方、「取り組むにはある意味リスクもある。コンタミ(アレルゲン物質の微量混入)の排除など相当厳しい管理が必要になる」と気を引き締めた。

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. 香港消費者委員会
    大型連休となる春節(中国の旧正月)を控え、消費者団体の香港消費者委員会は1月15日、海外旅行を計画す...
  2. タイヤパンク応急修理キット
    国民生活センターは1月17日、自動車のパンクに際して応急修理ができる「パンク修理キット」について、同...
  3. 原田禎夫大商大准教授
    大阪商業大学公共学部准教授で、プラスチックごみ問題に取り組むNPO法人の代表理事も務める原田禎夫さん...
  4. ACAP島谷克史理事長
    企業の消費者対応部署の担当者などで構成するACAP(公益社団法人消費者関連専門家会議、島谷克史理事長...
  5. ビール
    食品政策を監視する非営利団体「公益科学センター(CSPI)」は1月11日、ビールなどのアルコール飲料...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る