新車にスペアタイヤ非搭載 米国情報誌が理由を解説

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

「新車にスペアタイヤが付いてないことに気づいた! 私は騙されたの?」――。そんな消費者の質問に対する回答を、米消費者情報誌コンシューマー・リポートが8月6日、ホームページに掲載した。

同誌によると、最近の新車の三分の一はスペアタイヤを搭載(標準装備)していない。その代わり、タイヤを一時的に修理するキット(コンプレッサーとシーラント)が付属されていて、さらにランフラットタイヤ(パンクしてもある程度の走行が可能なタイヤ)が装着されているという。

スペアタイヤとタイヤ交換に使うジャッキは、合わせると重量が40~50ポンド(18~22キロ)にもなるため、非搭載だとその分燃費が向上するという仕掛け。さらに自動車メーカーは部品にかかるコストを下げられるため、消費者・メーカーともに利益を得ることになるという。

しかし、修理キットが役立たないほどタイヤが破損した場合は打つ手なし。こうした事態に備え、スペアタイヤを含む交換キットを約150ドルで販売している自動車販売店もある。コンシューマー・リポートのタイヤ専門官ジーン・ピーターセン氏は「納車前に何が装備されているのか確認を」とアドバイス。新車にスペアタイヤが付いていると思い込まず、ショールームで必ず質問するよう呼びかけた。「この話題を(値下げやサービスの)交渉ポイントとして使うこともできる」としている。

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. 米連邦取引委員会
    米連邦取引委員会(FTC)は2月20日、コンシューマーブログを更新し、これまでに作成した啓発動画の活...
  2. 悪質クレーム対策推進法案
    国民民主党は2月20日、「消費者対応業務関連特定行為対策の推進に関する法律案」(悪質クレーム対策推進...
  3. キユーピー地元マヨ
    今年創業100周年を迎えるキユーピーは2月19日、新しいマヨネーズタイプの調味料をエリア・数量限定で...
  4. アメリカ消費者連合
    メリーランド州最大都市ボルチモアの葬儀場がインターネット上に料金表示を始めたことを受け、アメリカ消費...
  5. ロボット掃除機で火災
    ロボット掃除機に押されて動いた電気ストーブが可燃物に接触し、火災となる事例が2件発生したことが、東京...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る