新車にスペアタイヤ非搭載 米国情報誌が理由を解説

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

「新車にスペアタイヤが付いてないことに気づいた! 私は騙されたの?」――。そんな消費者の質問に対する回答を、米消費者情報誌コンシューマー・リポートが8月6日、ホームページに掲載した。

同誌によると、最近の新車の三分の一はスペアタイヤを搭載(標準装備)していない。その代わり、タイヤを一時的に修理するキット(コンプレッサーとシーラント)が付属されていて、さらにランフラットタイヤ(パンクしてもある程度の走行が可能なタイヤ)が装着されているという。

スペアタイヤとタイヤ交換に使うジャッキは、合わせると重量が40~50ポンド(18~22キロ)にもなるため、非搭載だとその分燃費が向上するという仕掛け。さらに自動車メーカーは部品にかかるコストを下げられるため、消費者・メーカーともに利益を得ることになるという。

しかし、修理キットが役立たないほどタイヤが破損した場合は打つ手なし。こうした事態に備え、スペアタイヤを含む交換キットを約150ドルで販売している自動車販売店もある。コンシューマー・リポートのタイヤ専門官ジーン・ピーターセン氏は「納車前に何が装備されているのか確認を」とアドバイス。新車にスペアタイヤが付いていると思い込まず、ショールームで必ず質問するよう呼びかけた。「この話題を(値下げやサービスの)交渉ポイントとして使うこともできる」としている。

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. カキ
    食品安全委員会の専門調査会は10月19日、ノロウイルスに関するリスクプロファイルの最終案を取りまとめ...
  2. ジャパネットたかた
    通販大手の「ジャパネットたかた」(長崎県佐世保市)が会員カタログや新聞折り込みチラシなどで不当な二重...
  3. 米連邦取引委員会
    詐欺の支払い手段として電子ギフトカードが悪用されるケースが増えているのは、各国共通のようだ。 ...
  4. 食品ロス対策で意見交換
    料理専門家として各省庁の食育関連検討会の委員などを務める服部学園理事長・服部幸應さんが10月17日、...
  5. クエスト社名公表
    「スマホをタップするだけでお金が稼げる」と謳う事業者に対する苦情相談が今年4月以降9月末までに全国の...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る