【香港】消費者視点の報道を讃える表彰制度に最多エントリー

消費者問題に関する報道を表彰する第18回コンシューマー・ライツ・レポーティング・アワード(CRRA)に過去最多となる259件のエントリーがあり、7月31日に受賞者表彰式が行われた。

CRRAは消費者団体の香港消費者委員会と香港ジャーナリスト協会、香港プレス写真家協会の共催。2008年に表彰制度が始まり、今年で18回目。昨年に門戸を開放したWebメディアからのエントリー数が倍増し、今回は過去最多の259件の応募があった。

テキスト媒体で金賞を受賞したのは、消費者製品がもたらすマイクロプラスチック汚染に関する報道。研究機関、大学、環境団体など幅広いインタビューに基づいて記事を構成。客観的で貴重なデータを消費者に提示し、香港政府の環境対策の遅れを指摘した点が評価された。

調査分野での受賞は、法の網をかいくぐった不動産投機の実態に迫った報道で、これを機に政府は法改正に動き出すことになった。プレス写真のカテゴリーでは、香港フード・フェスティバルのワンシーンを激写したフォトレートが金賞。そこには祭りの後に残された膨大なゴミが撮影されていた。そのほか「ファスト・ファッションが招く過剰消費」や「無届け屋台の危険性」「プラスチック包装の問題点」などの報道が各賞を受賞するなどした。

CRRAは香港のジャーナリストにとって最も栄誉ある賞の一つ。香港消費者委員会は「メディアは社会を監視する目であり、消費者委員会の密接なパートナーでもある。消費者の権利を世に訴え、望ましくない貿易慣行に立ち向かう勇気をうれしく思う」と歓迎した。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. ACAP消費者志向活動表彰式
    ACAP(公益社団法人消費者関連専門家会議、村井正素理事長)は2月17日、都内千代田区の経団連会館で...
  2. U.S. PIRG
    食品政策を監視する非営利団体U.S.PIRGは2月12日、食品リコール情報を積極的に周知している大手...
  3. 国民生活センターCCJ松本恒雄理事長
    越境消費者紛争の解決をめざす国民生活センターCCJ(越境消費者センター)は2月10日、エストニア共和...
  4. お断り
    高齢者の見守り世帯に無償で貸し出した通話録音装置について、利用者の86%が詐欺や悪質勧誘電話に「効果...
  5. セルフエステ
    エステサロンで用いられるエステ機器やそれと同等の効果があるとうたう機器を施設で事業者が消費者に提供し...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る