CPSC委員長にナンシーベック氏指名 103団体が拒否要求

トランプ大統領より米消費者製品安全委員会(CPSC)の委員長に指名されたナンシー・ベック氏について、消費者団体など103団体は6月16日、「公衆衛生と安全がおびやかされる」として、連邦議会上院に対し、指名を拒否するよう要請した。

要請書やメディア報道などによると、ベック氏は毒物学者で、現在、米国環境保護庁(EPA)で有害化学物質と農薬の規制を担当。規制緩和を進めるホワイトハウスからの信認は厚いが、科学者や消費者・環境保護団体などからは政策の危うさを懸念する声が強まっていた。

ベック氏はペイントストリッパー(塗装剥離剤)に使われる塩化メチレンの禁止案に反対したり、水道水を汚染するフッ素化合物PFAS(パーフルオロアルキル化合物およびポリフルオロアルキル化合物)の対策を進めなかったりする政策を強行。90人以上の科学者らが連名で、同氏を「科学的事実を一貫して無視し、化学メーカーを支持してきた」と糾弾する書簡を提出していた。

これに加え、アメリカ消費者連合(CFA)やパブリックシチズンなど103団体は「アスベストと鉛対策を滞らせ、農薬クロルピリホスの使用禁止を阻止した」などと指摘。上院商業科学委員会に要請書を提出し、ベック氏の指名を拒否するよう求めた。

CPSCはおもちゃ、家具、ベビーベッド、バギーカーなど1万5千カテゴリーを超える消費者製品の安全性を担う米国最上位の消費者保護機関の一つ。CFAなどは「ベック氏のこれまでの政策は公衆衛生と安全を危険にさらしてきた。(委員長の就任期間となる)7年もの間、彼女に強力な力を与えることは許されない」と訴えた。

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 自前の試験施設を持ち、厳しい自動車テストを行うことで知られる米国の消費者団体コンシューマー・リポートc
  2. ニッポン消費者新聞2024年1月号
    特集 東京都消費者被害救済委員会 紛争解決を推進、今年度は4件を審議 ~新会長に沖野眞c
  3. 東京都庁
    ダイオキシン類やPCB、重金属などの化学物質について、東京都が食事からの一日摂取量を調査し、その20c
  4. 消費者庁
    高齢者が介護ベッド用手すり(サイドレール)の隙間に首などを挟んで死亡する事故が毎年発生しているとしてc
  5. 警察庁
    昨年の特殊詐欺の認知件数は前年比8.3%増の1万9033件で、2009年以降で最多となったことが警察c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る