肥満軽視社会に警鐘 米消費者団体、慢性疾患並みの扱い求める

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

肥満がもたらす影響を過小評価し、適切な治療を受けない患者が多いなどとして、米国の消費者団体、全米消費者連盟(NCL)は7月7日、治療可能な慢性疾患として肥満を取り扱うよう政府に提言した。NCLは「肥満を軽視する米国人の考え方を転換し、誰もが慢性疾患と同等のケアを受けられるようにする必要がある」と訴えている。

NCLは文献調査をもとに、報告書「新しい患者中心の肥満行動アジェンダ」をまとめた。それによると、医学会が肥満を「治療が必要な慢性疾患」と定義し、治療法も大きく進化しているにもかかわらず、米国人の4人に3人は自身の意思の弱さが肥満の原因と考え、病気であることを認識しないという社会的風潮が根強いことがわかった。

また、専門医のケアを受けている肥満患者は全体の10%にとどまり、多くの人が医療機関にかからず、十分な治療を受けていないことが判明。さらに、国内に1億800万人いるとされる成人の肥満者のうち病気との診断を受けた人はおよそ3000万人と少なく、投薬治療が必要と診断された人のうち薬を服用している人はわずか2%であることもわかった。

NCLは「肥満は健康と福祉のほぼすべての側面で悪影響を及ぼし、2型糖尿病や心臓病、ある種のがんに至るまで、230を超える慢性疾患を悪化させる要因となっている」と指摘。肥満に関連した疾患で毎年約30万人が早死にし、治療費を含めた経済的損失は年間1.72兆ドルに達すると報告した。

肥満治療へのアクセスを確立するには、偏見に対する意識改革、医療従事者への教育、時代遅れの政策の転換など全方位的な施策が必要だとし、▽治療可能な慢性疾患であるとの認識を広めるための肥満の再定義▽太りすぎに関するカウンセリングマニュアルの作成▽肥満治療法の可決▽差別を受けない肥満患者の権利章典――など9項目を提起した。報告書では、医師が患者の立場を尊重しない言葉で肥満を指摘し、不快感や萎縮を与えていることも指摘された。

NCLは肥満ケア・アドボカシー・ネットワーク(OCAN)と連携し、昨年12月に円卓会議を開催。公衆衛生専門家や肥満治療支援団体などと肥満政策に関する科学的評価を行うとともに、患者目線に焦点を当てた文献レビューをおこなうなどして報告書を取りまとめたという。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2021

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 死亡事故が発生した「4moms MamaRoo ベビースイング」
    赤ちゃんをあやすための電動揺らし器具「ベビースイング」で生後10カ月の乳児の死亡事故が発生したとしてc
  2. ブルボン天然水 sonaLno
    ブルボンは8月2日、暗所でほのかに光るラベルを採用したミネラルウォーター「天然水 sonaLno」(c
  3. U.S. PIRG
    天然ガスの主成分メタンが環境に良いと宣伝するのは消費者保護法に違反するとして、非営利団体U.S.PIc
  4. sns
    国内の消費者間電子商取引(CtoC-EC)の2021年市場規模が前年比12.9%増の2兆2121億円c
  5. アメリカ消費者連合
    アメリカ消費者連盟(CFA)は8月8日、2021年の消費者苦情トップが「自動車の販売・修理」だったとc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る