防かび剤、基準値以下だが皮に多く残留 レモンなどテスト

  • 2018/10/5
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

果肉だけでなく果皮も料理に利用することの多いかんきつ類3種類について、北海道消費者協会が防かび剤と農薬の残留テストを実施した。輸入したレモン、オレンジ、グレープフルーツのいずれからも防かび剤が検出されたが、基準値を超える残留はなかった。また、残留は果肉よりも果皮に多いことがわかり、同協会は「皮をむけばほとんど除去できる」とアドバイスしている。

テストしたのはグレープフルーツ(メキシコ産)、レモン(米国産)、オレンジ(豪州産)。53種類の農薬と3種類の防かび剤(チアベンダゾール、イマザリル、フルジオキソニル)の残留を調べた。

かんきつ類の防かび剤については、食品衛生法に基づき残留量の基準値が定められている。テストでは、3種類から防かび剤が検出されたものの、いずれも不検出もしくは微量(基準値の3~15%程度)で問題はなかった。農薬についても、防かび剤として使用されることがあるアゾキシストロビンがレモンとオレンジから微量(基準値の0.3~1.3%)検出されたが、そのほかの農薬は不検出でいずれも問題なし。一方、果皮と果肉における防かび剤残留量の比較では、果肉よりも果皮に多く残留しており、その差は17~69倍にのぼることがわかった。

防かび剤が使用されていた果物を販売する際は、ばら売りであっても値札や陳列棚に使用物質名を表示することが義務付けられている。同協会の調査では、テスト対象のいずれも防かび剤が使用されている旨の表示があった。

テスト結果について、同協会は「農薬と防かび剤ともに基準値を超える残留はなかった。果肉よりも果皮に多く含まれているので皮をむけばほとんど除去できる」とアドバイスした。かんきつ類は果皮も利用することが多いことから、水洗いによる防かび剤の除去率テストの結果についても年内をめどに公表するとしている。

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. 国民生活センター
    天皇陛下の退位に便乗した商法によるトラブルが報告されたとして、国民生活センターが注意を呼びかけている...
  2. 全日本トラック協会Gマーク制度
    全日本トラック協会(東京都新宿区)は12月13日、交通安全対策に関する基準をクリアしたとして、201...
  3. コンシューマーリポート
    車の老朽化とともに黄ばみが目立ってくるヘッドライト。放置していると新車購入時と比較して照度が8割程度...
  4. 日本生活協同組合連合会
    日本生活協同組合連合会は12月6日、子どもの貧困の支援に取り組む生協が54生協に増加したと発表した。...
  5. インターネット詐欺
    埼玉県は上半期の消費生活相談概要をまとめ、前年同期比17.6%増の2万8867件を受け付けたと発表し...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る