消費者は判断しない、毒キノコの恐怖 消費者庁警告

消費者庁は10月4日、秋の食材「キノコ」について、毎年誤食による重大な食中毒事故が発生していることを重視し、判断に迷うキノコについて消費者は安全かどうか判断せずに専門家や保健所に相談するよう、注意を喚起した。地域の伝承にも危険な迷信が多い。当日の岡村和美長官の記者会見では、食べられるキノコと姿形が似ている毒キノコが展示され、誤食される可能性の高いことが説明された。

毒キノコに注意喚起

写真上段が食用のキノコ。下段が毒キノコ(4日、消費者庁にて)

消費者庁は今年5月から毎月、「知って安心。食品の注意点」をテーマに、時機にあうように、食品の安全性情報を提供している。主に家庭内での食中毒防止へ向けた対策の提示だ。

10月4日の岡村長官会見では、秋の味覚「キノコ」について食用キノコと間違えて毒キノコを誤食したことによる食中毒事故が毎年発生していることが紹介され、事故防止への注意点が説明された。

消費者庁によると10月1日時点の食中毒速報でも、すでに9月に三重県で毒キノコによる死亡事故が発生。同例を含む8月以降12例の食中毒事故が報告されているという。見かけが食用キノコと似ている毒キノコの誤食事故が全国規模で発生する可能性を示唆した。

岡村長官は「10月以降も毒キノコの誤食への注意が必要。事故を防止するにはキノコの鑑別に少しでも不安がある場合は、専門家や管轄の保健所に相談するなどの対応をとっていただきたい」と消費者に注意を喚起した。

キノコについては食べられるか食べられないか、各地でその見分け方が伝承されている。だがそのほとんんどは迷信に基づくもので、専門家や保健所への相談が事故防止の鍵となる。

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 自前の試験施設を持ち、厳しい自動車テストを行うことで知られる米国の消費者団体コンシューマー・リポートc
  2. ニッポン消費者新聞2024年1月号
    特集 東京都消費者被害救済委員会 紛争解決を推進、今年度は4件を審議 ~新会長に沖野眞c
  3. 東京都庁
    ダイオキシン類やPCB、重金属などの化学物質について、東京都が食事からの一日摂取量を調査し、その20c
  4. 消費者庁
    高齢者が介護ベッド用手すり(サイドレール)の隙間に首などを挟んで死亡する事故が毎年発生しているとしてc
  5. 警察庁
    昨年の特殊詐欺の認知件数は前年比8.3%増の1万9033件で、2009年以降で最多となったことが警察c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る