消費者庁、エコプロに初出展 エシカル消費の実践呼びかけ

  • 2018/12/10
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2018」に、消費者庁が初めてブースを出展した。啓発パネルでエシカル消費の実践と食品ロス削減を呼びかけたほか、身近なエシカル商品を展示。小学生がお菓子や洗剤を手に取って、エシカルマークを発見する姿が見られたという。同庁消費者教育・地方協力課の久保美奈海さんは「今回は大規模なイベントでの出展となったが、規模の小さい学校授業や講演会でも、こうしたブースをパッケージとして展開していきたい」と抱負を語った。

消費者庁エコプロブース

(写真上)消費者庁のブース。おなじみのお菓子などエシカル商品が人目を引いた(写真下)イヤヤンを冠したクリスマスツリーには決意のメッセージがあふれた(=8日午後、東京ビッグサイトにて)

20回目の開催となるエコプロ2018は「SDGs時代の環境と社会、そして未来へ」をテーマに12月6日~8日の3日間、東京ビッグサイトで開催された。初出展した消費者庁は展示ブースを啓発パネルとエシカル商品で構成し、エシカル消費の実践と食品ロスの削減を呼びかけた。7日の金曜日には消費者ホットライン188イメージキャラクター「イヤヤン」が登場し、子どもたちに囲まれる人気ぶりだったという。ブース前に置かれた紙製のクリスマスツリーは、「給食を残さずに食べている」「必要以上に買わない」といった力強いメッセージで埋め尽くされた。

最終日には企業関係者も多く来訪し、消費者の関心度を確認するなどしていた。消費者教育・地方協力課の久保さんは「エシカル商品のように生活の中でイメージできるものを展示すると訴求効果が高い。エシカル消費は誰もが生活の中で実践できるものだということを伝え、広げていきたい」と語った。

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. 米連邦取引委員会
    米連邦取引委員会(FTC)は2月20日、コンシューマーブログを更新し、これまでに作成した啓発動画の活...
  2. 悪質クレーム対策推進法案
    国民民主党は2月20日、「消費者対応業務関連特定行為対策の推進に関する法律案」(悪質クレーム対策推進...
  3. キユーピー地元マヨ
    今年創業100周年を迎えるキユーピーは2月19日、新しいマヨネーズタイプの調味料をエリア・数量限定で...
  4. アメリカ消費者連合
    メリーランド州最大都市ボルチモアの葬儀場がインターネット上に料金表示を始めたことを受け、アメリカ消費...
  5. ロボット掃除機で火災
    ロボット掃除機に押されて動いた電気ストーブが可燃物に接触し、火災となる事例が2件発生したことが、東京...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る