消費者市民社会をつくる会が機能性表示食品の作用を検証 🔒

  • 2017/10/13
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

ASCON(アスコン=一般社団法人消費者市民社会をつくる会)は10月10日、機能性表示食品の届出情報をもとに310品目に関する有効性検証結果を発表した。ASCON科学者委員会がまとめたもので、90%台で同委員会と届出事業者との評価結果が一致していることが示された。ただ、合剤による作用機序が不明確な論文もあり、それら製品の効果については科学者委員会と事業者との「見解不一致」という評価となった。

ASCON(阿南久代表理事)は消費者市民社会の構築へ向け、2014年10月に発足。代表理事には元消費者庁長官・阿南久さんが就任した。ASCONでは科学者委員会を15年10月に設置。消費者庁に提出された機能性表示食品の根拠について民間の立場からの評価判定に取り組んでいる。

昨年は170品目を評価、今年10月10日には第二弾として……〔以下続く〕

🔒この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌 ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. 消費者庁
    商品の価格を据え置きながら内容量を減らす「ステルス値上げ(実質値上げ、隠れ値上げ)」――。 加...
  2. 東京地方裁判所
    NTTドコモに対して埼玉消費者被害をなくす会が訴えている控訴審第一回弁論が7月18日、東京高裁で開か...
  3. 香港消費者委員会
    セルライト除去クリームの効果はごくわずかで一時的、しかもボディーローションと同程度だった――。こうし...
  4. 日本消費者連盟
    韓国・ソウルで7月19日、日米韓の消費者・市民団体が遺伝子組み換え表示をめぐる国際シンポジウムが開催...
  5. 消費者庁岡村和美長官
    消費者庁は「7月豪雨」により被災した被災地での食品提供を安全性を確保しつつ実施することから、食品表示...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る