英政府サイトも被害 音声読み上げソフト狙いハッキング

  • 2018/2/13
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

英国政府機関を含む世界4000以上のウェブサイトがハッキング被害に遭った問題で、英国の消費者団体「Which?」は2月12日、消費者に対し、ウイルス対策ソフトを有効にし、最新アップデートを実行するよう呼びかけた。同団体は「今回の事件は最も信頼できるサイトでさえ、単純なハッキング被害に遭う可能性があるという証拠を突き付けた」とし、ウイルス対策の重要性を改めて指摘した。

ハッキング事件は11日に発覚。政府機関サイトなどで使われている視覚障害者向け音声読み上げソフト「Browsealoud(ブラウズアラウド)」が改ざんされ、仮想通貨を採掘するマルウェアが埋め込まれていた。英国では30以上の地方政府機関やNHS(英政府による国民保健サービス)のサイトが被害に遭った。動作が大幅に遅くなるなどの悪影響が想定されるが、個人情報の流出は確認されていないという。

Which?が検索エンジンで調べたところ、ブラウズアラウドを利用しているサイトは地方公共団体のほか学生ローン会社、病院など膨大な数に及んだ。専門家は「広く使われているソフトが簡単にハッキングされることがわかった。今後、IDやパスワードを盗み取るキーロガーといった、はるかに有害性のあるマルウェアが広まる可能性がある」と警告している。同団体は「仮想通貨を不正採掘するクリプトジャッキング(Cryptojacking)の多くがブラウザ上で実行されるため、リアルタイムで脅威を検出できるウイルス対策ソフトを使うことが重要だ」と呼びかけている。

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. 米連邦取引委員会
    米連邦取引委員会(FTC)は2月20日、コンシューマーブログを更新し、これまでに作成した啓発動画の活...
  2. 悪質クレーム対策推進法案
    国民民主党は2月20日、「消費者対応業務関連特定行為対策の推進に関する法律案」(悪質クレーム対策推進...
  3. キユーピー地元マヨ
    今年創業100周年を迎えるキユーピーは2月19日、新しいマヨネーズタイプの調味料をエリア・数量限定で...
  4. アメリカ消費者連合
    メリーランド州最大都市ボルチモアの葬儀場がインターネット上に料金表示を始めたことを受け、アメリカ消費...
  5. ロボット掃除機で火災
    ロボット掃除機に押されて動いた電気ストーブが可燃物に接触し、火災となる事例が2件発生したことが、東京...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る