4年ぶり東京都「交流フェスタ」開催 消費者・事業者・行政がブース出展

10月から12月上旬まで、都内各地で「くらしフェスタ東京2023」が開催されている。これは10月に施行された東京都消費生活条例の意義を再確認することを目的に、昨年までのコロナ禍を除き、毎年開催されてきた。今年のメインテーマは「持続可能なやさしい未来へ」。

10月22日と23日には「見て、聞いて、話そう!交流フェスタ」が新宿駅西口広場で開催された。リアル開催は4年ぶり。消費者、行政、事業者が連携した展示会だ。

東京都交流フェスタ

家庭への普及が進む「スマートメーター」の仕組みを紹介する日本電気計器検定所(JEMIC)のブース(10月23日、新宿駅西口広場会場にて)

会場の出展ブースでは消費生活に関する6エリアから生活に役立つ情報が発信されていた。体験コーナーも設置され、身近な食べ物の放射線を測る実験など、消費者の関心の高い取り組みもあった。

出展ブースでは40を超す団体・事業者が集い、それぞれのブースで展示会を実施。「消費者被害防止エリア」では、国民生活センター、東京都消費生活総合センター、NACS東日本支部などが出展。「環境・エシカルエリア」では、主婦連合会、生協パルシステム東京、多摩のくらしを考えるコンシューマーズ・ネットワークなどが手作りパネルで参加者に現状と課題などを訴えていた。「くらしエリア」では、ACAP(消費者関連専門家会議)、全日本トラック協会、JEMIC(日本電気計器検定所)、東京消費者団体連絡センターなどが、また「食エリア」では、キッコーマン、日本冷凍食品協会、東京都地域消費者団体連絡会、ふくしまの食相談センターなどが参加。創意満載の展示が目立った。

「食エリア」に出展したキッコーマンは、しょうゆを中心に同社の調味料の特性、安全性などについて商品やパンフレットを用いて説明していた。

「くらしエリア」に参加した全日本トラック協会は、消費者が引越する際の事業者選びの目安となる「引越安心マーク」の重要性を説明していた。

同エリアでは日本電気計器検定所(JEMIC)が、各家庭への普及が定着し始めた「スマートメーター」の仕組みを紹介。従来の測定器とスマートメーターとの違いや機器の検定制度の重要性などを紹介していた。

(本紙「ニッポン消費者新聞」11月1日号より転載)

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 兵庫県立消費生活総合センター
    兵庫県内の相談窓口に寄せられた2023年度の消費生活相談件数は前年度比4.4%減の4万6908件だっc
  2. 日本生協連
    ◎エシカル消費対応商品は9%増と伸長 日本生活協同組合連合会がまとめた全国117主要地域生協の20c
  3. 東レインターナショナル片岡社長
    東レ100%出資のメーカー商社、東レインターナショナルは6月13日、グループ初となるアップサイクル事c
  4. 消費者庁
    ◎消費者庁、景品表示法に基づく法的措置概要を公表 消費者庁が公表した景品表示法に基づく法的措置概要c
  5. みそ汁・スープのやけどに注意
    6月11日に閣議決定された水産白書によると、2022年度における魚介類の1人1年当たりの消費量は22c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る