味の素、食品ロス削減グルメ 岩手「わかめナムルおにぎり」勝利

味の素は3月7日、全国47都道府県のフードロス削減グルメから1位を決める「捨てたもんじゃない!」グルメグランプリの結果をまとめ、一般投票の結果、岩手の「ごはんとわかめは余らせない!わかめナムルおにぎり」がグランプリに輝いたと発表した。全25万2634票のうち7万2022票を獲得した。第2位は佐賀「玉ねぎの海苔ナムル」、3位は香川「うどんかりんとう」となった。

岩手「わかめナムルおにぎり」

地元食材の良さを活かした「わかめナムルおにぎり」(プレスリリースより)

わかめナムルおにぎりは、わかめが主役のやみつきおにぎりレシピ。地元の食材を活用して簡単に作れる点などが評価され、投票者から「家にあるもので簡単に作れた」「次は白ゴマを入れてアレンジしてみたい」などのコメントが寄せられた。

岩手県陸前高田市観光交流課の熊谷直樹課長補佐は「陸前高田市はわかめの生産が盛んで、肉厚で歯ごたえのある食感が特徴的です。加えて市のブランド米である『たかたのゆめ』は冷めてもおいしいという特徴もあるので、まさに岩手の食材や良さを活かせるレシピだと思います。地元の人でも、わかめのナムルをおにぎりの具として使うという発想はなかったので、新しい発見に繋がりました」などとコメントした。

味の素は「生活者がより楽しく、よりおいしく、フードロス削減に対する意識を高め、実践することを引き続き応援していきます」としている。

(本紙「ニッポン消費者新聞」4月1日号より転載)

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 日本ヒーブ協議会定時総会
    日本ヒーブ協議会は4月19日、今年度定時総会と記念公開講演会を会場及びオンライン参加との併用で開催、c
  2. ろうそくの燭台
    ◎火の点いた芯飛ぶことも 東京消防庁管内で2022年、ろうそくによる火災が36件発生し、過去10年c
  3. 子どもケミネット
    ◎発足2年目 国際プラスチック条約会合でロビー活動も 昨年4月に発足した「有害化学物質から子どもをc
  4. 公益科学センター
    米食品医薬品局(FDA)は5月8日までに、動物における意図的なゲノム改変(IGA)の規制・承認アプロc
  5. ベニコウジ色素
    ◎食の安全グローバルネット、研究者招き呼びかけ 4月24日、参議院議員会館で「紅麹(小林製薬)とベc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る