日本消費者連盟が定期総会 平和求め、連携運動を提唱🔒

◎機能性表示食品、ゲノムなど4つの特別決議

長引くウクライナやガザでの凄惨な戦争、世界の消費者を直撃する日用品、食料品、エネルギーの高騰と増税の嵐。日本にあってはデジタル被害と悪質商法の横行に加え、高まる軍靴の響き…。消費生活はかつてない不安感の中にある。このような情勢の下、全国の草の根グループのネットワークをめざすNPO法人日本消費者連盟は6月22日、第51回定期総会を開き、今年度活動方針を検討、食品、環境、脱原発・エネルギー、香害などをめぐって今後の方針と各分野での行動指針を決め、「すこやかないのちを未来につなぐ」という取組の展開を確認した。

日消連総会

全国の消費者・市民団体との連携運動を確認した(6月22日)

有害物質を生活現場から排除していく活動をはじめ、ゲノム編集食品表示、紅麹サプリメント事故に表象される機能性表示食品の安全性問題、平和を求める活動などに関する四つの特別決議も採択した。総会後には「有害物質から子どもを守る」というテーマで世代を超えて悪影響をもたらす環境ホルモンやプラスチックなどについて講演会が持たれた。日消連ではテーマごとに5つの部会と3つの委員会を設置、幅広く全国に連携運動を呼びかけていく。

◎3人の共同代表、12人の運営委員、5つの部会と3つの委員会で活動推進

NPO法人日本消費者連盟(日消連)の定期総会は今年で51回目。リアルとオンラインの併用で開催された。会場は東京都千代田区の連合会館。総会では新規3人を含む12人の運営委員が選任された。総会後の運営会議では共同代表として……(以下続く)

(本紙7月1日号「コンシューマーワイド」欄より一部転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン
📌ファクティバ

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 自動車内の空気から発がん性が指摘される難燃剤成分が検出されたという最新研究が報告されたことを受け、消c
  2. アルミカップ
    スポーツイベントや商業施設で採用が進むアルミカップのリサイクルを進めるため、アルミ缶リサイクル協会なc
  3. サロン専売商品
    ◎サロン専売商品の一部に「生産ロスZEROプロジェクト」導入 アートネイチャー(東京都渋谷区、五十c
  4. 金融庁
    金融庁は6月25日、金融機関からの報告をもとにインターネットバンキングによる預金の不正払戻し状況をまc
  5. 東京都「悪質事業者通報サイト」
    都民からの通報を受け付け、悪質事業者の取り締まりや監視につなげる東京都の「悪質事業者通報サイト」の2c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る