新生活のスタートへ、若者たちにメッセージ 消費者庁

この4月から新生活をスタートさせる大学生や新入社員などへ向けて消費者庁は3月20日、安全・安心な生活を送るためのポイント10項目を掲げたチラシを作成。被害防止へのメッセ―ジを発表した。岡村和美長官は若者トラブルの防止を訴えつつも、「若者に限らず全ての消費者に共通の注意点」としてチラシの活用を呼びかけた。チラシは消費者庁ウェブサイトからダウンロードできる。

岡村長官は、チラシ配布先として、大学生協、リユース団体、不動産賃貸関連団体をあげた。日本経団連にも送付し、各企業の新入社員オリエンテーションなどで活用されることを期待するとしている。

チラシは「安全・安心な新生活をスタート」(事故防止の5つのポイント)と題するものと「新生活スタート応援」(契約時に注意したい5つのポイント)をテーマにしたものが表裏印刷された両面刷の1枚形態。「安全」と「取引」の分野での注意点として提示されている。

「事故を防止するために」と題した「安全」面では、「家電製品は取扱説明書をしっかり読もう」「中古品は製造年や保証の確認を忘れずに」「家具の組み立ては正しい手順で安全に」「お部屋の設備の安全確認を」「自炊時は、手洗いや加熱の徹底を」という5項目。「契約時の注意」を訴える「取引」面では、「計約判断は慎重に」「ローン(借金)はよく考えて」「インターネット通販は事業者・内容を事前にチェック」「知らない人のSNS情報は確認をしっかりと」「エステや美容医療を受けるときはよく考えて」という5項目を提示している。

その上で、「契約前と話が違う」「クレジットや借金で困った」「これってネットトラブル?」などの悩みに直面したら迷わず消費者ホットライン「188」に電話するよう呼びかけている。

春は若者被害が増加する季節。その被害の防止を目標に、4月へ向けてチラシ作成・配布・啓発は消費者庁初の試みとなる。

関連記事

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. ペダル踏み間違い時加速抑制装置啓発ビデオ
    国土交通省は4月16日、ブレーキとアクセルの踏み間違い事故を防止する「ペダル踏み間違い時加速抑制装置...
  2. 英国の消費者団体Which?
    英国の消費者団体Which?は4月16日、オンライン通販Amazon(アマゾン)で売られているハイテ...
  3. ジャガイモ調理
    農水省と環境省は4月12日、2016年度に国内で発生した食品ロス量が643万トンになったと発表した。...
  4. CPSCが警告したベビーベッド
    米国で赤ちゃんの死亡事故が相次いでいたフィッシャープライス社製ベビーベッド「ロックンプレイ・スリーパ...
  5. 電話相談
    今月27日からの大型連休の期間中、消費生活センターの多くが休館することから、消費者庁や国民生活センタ...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る