重大製品事故増加 ノートPCとスマホの安全規制も視野に

2008年をピークに長らく減少傾向が続いていた重大製品事故件数が増加に転じた。2017年は873件と、前年比59件の増加。リチウムイオンバッテリーを搭載したノートパソコンやスマートフォン、品質の劣る輸入電動アシスト自転車などが事故件数を押し上げた。ノートPCとスマホについて、経済産業省は「事故件数の増加が止まらない」とし、安全規制も視野に今後の動向を注視するとしている。

産業構造審議会保安・消費生活用製品安全分科会製品安全委員会及び消費経済審議会製品安全部会合同会議

重大製品事故件数が報告された製品安全に関する経産省の合同部会(19日午前)

3月19日に開かれた産業構造審議会保安・消費生活用製品安全分科会製品安全委員会と消費経済審議会製品安全部会の合同会議で報告された。

国への報告が義務付けられている重大製品事故(火災や死傷を伴う事故)は、2008年の1424件をピークに減少傾向が続いていた。ところが17年は前年比59件増の873件と、5年ぶりの増加となった。事故件数を押し上げた製品はノートPC、スマホ、住宅用太陽光発電器、電動アシスト自転車、温水洗浄便座、電気ストーブなど。特にノートPCは11件増の36件、スマホなどの携帯機器は9件増の23件と急増していた。

ノートPCとスマホの事故について、経産省は「購入から3~7年ほど経過した製品で内蔵リチウムイオンバッテリーからの火災が多発している」と警戒感を示し、事故の原因究明や再発防止対策の調査に入る考えを表明。安全規制も視野に今後の事故動向を注視していくとした。

経産省は2月1日、モバイルバッテリーを電気用品安全法の規制対象に加えるなど、リチウムイオンバッテリー搭載機器への安全対策を急いでいる。ノートPC、スマホ、モバイルバッテリーの3製品による重大製品事故は、13年の11件から17年の80件へと急増していた。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 日本生活協同組合連合会
    日本生活協同組合連合会(日本生協連)は12月4日付で、有機農産物の日本農林規格(JAS)の一部改正案...
  2. ビューティーブレンダー
    使用中のマスカラやリップグロスなどメイクアップ用品が高い確率で感染症を引き起こす細菌(スーパーバグ)...
  3. 携帯電話を所有するシニア層のあいだで、スマートフォンの利用が拡大している。MMD研究所の調査によると...
  4. 兵庫県立消費生活総合センター
    健康食品による危害相談が増加しているとして、兵庫県立消費生活総合センターが注意を呼びかけた。消費者庁...
  5. 金融庁個人間融資対策
    SNSの書き込みを通じて見知らぬ者同士がお金を貸し借りする「個人間融資」が横行している問題で、金融庁...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  2. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  3. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  4. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  5. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
ページ上部へ戻る