地域連携へ行動指針 全国消費者大会🔓

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

第56回全国消費者大会が3月16日と17日の両日、都内・四谷の主婦会館「プラザエフ」で開催された。16日は5つの分科会に合計延べ約320人が参加。消費者政策、環境、食、雇用・社会保障などの5つの分科会でそれぞれの課題を話し合った。118人が参加した全体会では、今後の地域活動の重要性や連携の必要性が報告され、消費者運動の推進が確認された。

第56回全国消費者大会

2日間で約320人が参加した全国消費者大会(17日、主婦会館プラザエフにて)

初日(3月16日)は5つの分科会で、課題ごとに消費者問題が話し合われた。

「消費者政策」の分科会では、CI(=国際消費者機構、Consumer International)が提唱した3月15日の「世界消費者権利デー」にあわせて、インターネット社会の消費者問題が報告された。CIは今年の「世界消費者権利デー」の各国統一テーマとして「公正なデジタル取引」を掲げており、同分科会のテーマも「ネット取引の落とし穴」とした。

同分科会では、インターネット絡みの消費者被害の深刻化や悪質事業者の手口・対応などが紹介された。報告者は、国民生活センターの福井晶喜さん、ECネットワークの原田由里さん、埼玉弁護士会の池本誠司弁護士。今後もネット取引の深刻な被害増が予想され、防止策が不十分なことから、

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 消費者庁
    消費者庁は3月3日、「T.Sコーポレーション」(東京都港区)が供給する「BUBUKA ZERO」(ブc
  2. 企業の消費者対応部門の担当者などで構成する公益社団法人消費者関連専門家会議(ACAP・村井正素理事長c
  3. 経済産業省
    経済産業省が主催する第14回製品安全対策優良企業表彰の受賞企業が2月12日、発表され、最高賞となる経c
  4. 東京都健康安全研究センター
    東京都は3月1日、食の安全都民講座「あなたの知らないアニサキス食中毒」のオンライン配信を開始した。都c
  5. オーストラリア競争・消費者委員会
    世界保健機関(WHO)などが母乳による育児を推奨していることから、乳児用粉ミルク(調製粉乳)の広告をc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る