<英国>庭の訪問者ハリネズミが減少 コンクリ塀も一因

ガーデニングが盛んな英国で、生垣(低木で作った垣根)や庭でよく見かける人気者の野生動物、ハリネズミ(英語名・ヘッジホッグ)が大幅に減少しているという。消費者団体「Which?」のガーデニング担当サブエディターのメラニー・トレイン氏は、消費者にささやかな取り組みを提案。減少の一因が庭に張り巡らせたコンクリート塀にあるといい、塀に小さな抜け穴を作るよう呼びかけている。

最新調査によると、昨年1年間に「ハリネズミを見かけなかった」という人の割合は60%。2016年は51%、15年は48%だったことから、徐々に目にすることが難しい動物になりつつあることがわかった。

ハリネズミにとって生垣(低木で作った垣根)は住み家であり、通路でもある重要な場所。しかし、近年は防犯やプライバシーの保護を目的にコンクリート塀や金属製フェンスに変更する家庭が増加。農村部の都市化や交通量の増加、農薬散布、鳥やアナグマといった天敵の増加などの環境変化も影響し、農村部での生息数は2000年以降、半減したといわれている。

トレイン氏は「庭でハリネズミを見かける機会が減っている。もし、何か行動したいと考えるなら、低木の垣根を維持するか、抜け穴を作ってあげてほしい」と呼びかけている。

関連記事

新着記事

  1. 池本誠司消費者委員会委員長代理
    ジャパンライフ事件をはじめ大規模被害が繰り返されてきた預託商法への対策として、消費者委員会の池本誠司...
  2. 消費者庁
    消費者庁は5月20日、地方公共団体の食品ロス削減への取組状況を発表。全ての都道府県や指定都市で取組を...
  3. NACS(公益社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会)の東日本支部は5月18日...
  4. 「泣き寝入りは超いやや!」が口癖の消費者庁のゆるキャラ「イヤヤン」が5月18日、横浜市や東京都内に出...
  5. コンシューマー
    生活上のトラブルに対して助言をおこなう非営利団体「シチズンズ・アドバイス(Citizens Advi...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る