【米国】偽造ハチミツ「買わないで」 固まるのは本物の証

植物性シロップなどを混ぜた粗悪な「偽造ハチミツ」が数多く流通しているとして、アメリカの古参消費者団体「全米消費者連盟」(NCL)が本物のハチミツを選ぶよう消費者に呼びかけている。粗悪品が大量に出回ることでハチミツの価格が下落し、養蜂家の経営を圧迫。さらに養蜂家の減少でミツバチの受粉活動が減り、農作物の生産に大きな打撃を及ぼしかねない状況だという。NCLは「ハチミツは偽造されやすい食品の一つ。養蜂家、食料供給システム、市場を守るため、消費者は本物を購入する必要がある」と訴えている。

米コンサルタント会社Grand View Researchの試算によると、ハチミツの市場規模は年々拡大しており、2020年の世界市場は97.9億ドルに達する。一方で、偽造されやすい食品としても知られ、植物性シロップを加えた中国産の粗悪品が検査をすり抜けて大量に流通。NCLは「米国や世界中の消費者はだまされており、購入したハチミツが本物かどうかを判断する方法を知る必要がある」と指摘する。

純粋なハチミツは冷暗所に一定期間保管すると結晶化するほか、水に落としても混ざりにくいという特徴がある。また、純粋なハチミツを電子レンジで1分間加熱するとカラメル化するが、混ぜ物をしたハチミツは泡立つという。

健康志向の高まりを受け、砂糖・甘味料の代替品として世界的に需要が高まるハチミツだが、粗悪品の大量流通で価格が下落しており、養蜂家が適正な利益を得にくい状況になっている。さらに養蜂家やミツバチの個体数の減少により受粉活動が低下。農作物の生産に大きな影響を与える恐れがあり、NCLは「偽造ハチミツがもたらす食料システムへの脅威は、もう一つの大きな問題だ」と指摘している。

同団体は「信頼のできる業者から本物を購入することが消費者に求められている」と訴えている。

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 多摩消費生活センター
    東京都が運営する2カ所の消費生活センターのうち、多摩地域の拠点となる「多摩消費生活センター」が202c
  2. ビール
    米国の消費者3団体は11月21日、財務省アルコール・タバコ税貿易管理局(TTB)がアルコール含有量表c
  3. PETボトルリサイクル推進協議会
    PETボトルリサイクル推進協議会がまとめた2021年度ペットボトルリサイクル率は86.0%で、目標とc
  4. 電話相談
    適格消費者団体の消費者市民サポートちば(千葉市)は千葉県弁護士会と共催で、無料の電話相談「消費者なんc
  5. こたつの発火事故
    火を使わないため一見安全そうに見える電気暖房器具だが、発火事故が増加傾向にあり、死亡事故も毎年のようc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る