民泊スタート、利用もビジネスも注意を 国民生活センター

6月15日、民泊に関する法律「住宅宿泊事業法」が施行された。国民生活センターは民泊関連相談が増加していることを背景に、民泊を利用する場合や民泊をビジネスとして始める場合などについて、注意点を提起している。

「予約した民泊をキャンセルしたら宿泊料金額をキャンセル料として請求された」「民泊に関するビジネスで簡単に稼ぐことができると高額なマニュアルを勧められた」「近隣のアパートが民泊利用されているようで、外国人が複数人のグループで入れ替わり宿泊して夜中に騒いで迷惑」などの民泊に関する苦情相談が2015年度の57件から2017年度には271件へと急増しているとし、国民生活センターは6月14日、民泊利用の際の注意点を明らかにした。住宅宿泊事業法施行を踏まえた情報提供。

同センターによると、「民泊関連相談」は、民泊を利用する立場からの相談、民泊をビジネスとして考える側からの相談、近隣騒音などに関する相談の3種類があり、大きくは4対3対3の割合で寄せられているという。それら相談事例をもとに次のように消費者にアドバイスしている。

(1)民泊を利用する場合、民泊新法に基づく届出住宅であることを確認してから予約・利用すること
(2)宿泊に必要な料金総額、キャンセル規定などの表示をよく確認してから予約すること
(3)事前に鍵の受け渡し方法を確認するほか、利用の際には施設内の衛生状態等を確認すること
(4)民泊で簡単に儲かる・利益が得られるというセールストークに注意すること
(5)民泊施設の近隣住民は苦情の申出先を確認しておくこと
(6)トラブルにあったら消費者ホットライン「188」へ

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 加熱式たばこ警告表示
    JTは12月5日、加熱式たばこ「プルーム」ブランドの16銘柄について、パッケージデザインをリニューア...
  2. 日本消費者連盟
    日本有機農業研究会や日本消費者連盟、遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーンなど消費者・農民団体は「...
  3. 成年年齢引下げを考えるIN KYOTO
    京都の大学生が企画運営した公開ラジオ放送のトークイベント「成年年齢引下げを考える in KYOTO~...
  4. 自動車
    オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は12月3日、タカタ製エアバッグのリコール率が85%に達...
  5. ダイドー紙おむつ自動販売機
    ダイドードリンコや大王製紙など3社はこのほど、茨城県潮来市の道の駅「いたこ」に飲料とコラボしたベビー...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  2. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  3. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  4. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  5. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
ページ上部へ戻る