会員増を踏まえ新方針 日本消費者連盟総会

  • ̂BbEgbV͂Fubb}[bH?X?@

NPO法人日本消費者連盟(日消連)は6月16日、都内で今年度定期総会を開き、「香害」「遺伝子組み換え食品」などの社会的関心の高い取組を背景に、日消連の活動に賛同して入会者が増加していることを報告。今後も若い消費者を対象に新たな消費者運動のネットワークを構築していくことを方針の一つにあげた。日消連は来年創立50周年を迎えることから、情報誌「消費者リポート」で50周年企画を連載。ラルフ・ネーダー氏や竹内直一氏を紹介し、50年を振り返りながら今後の運動課題を提示している。

日本消費者連盟総会

会員の増加が報告された日本消費者連盟の定期総会(16日)

総会では、今年度運動方針として、食品、環境、憲法、国際化などの分野で、課題を提示する取組の継続展開を確認。遺伝子組み換え食品反対運動、リスクの高い食品添加物の禁止要請、改憲反対への連携運動、さらに、香り成分規制へのキャンペーンなどを推進していくことを確認した。会員は今年3月末で約1500人。昨年度よりも約50人増加。その理由として「運動への取り組みに賛同者が増加している」としている。日消連共同代表は、大野和興さん、天笠啓祐さんの2人が選任された。

総会後には公開講演会を開催。「香害は公害との位置づけを」「マイクロプラスチックによる地球的汚染が拡大している」「ネオニコチノイド系薬剤に抜本的規制を」などを求める報告が提示された。講演には日消連関西グループ代表の山崎昌子さん、さがみはら環境問題研究会代表・栗岡理子さん、日消連運営委員で国際農薬監視行動ネットワークアジア・太平洋に日本代表の田坂興亜さんが招かれた。

(詳細は本紙「ニッポン消費者新聞」7月1日号にて掲載予定)

  • ̂BbEgbV͂Fubb}[bH?X?@

関連記事

消費者運動年鑑2019

新着記事

  1. ACAPわたしの提言表彰式
    公益社団法人消費者関連専門家会議(ACAP)は1月15日、都内で新春講演会を開き、第35回2019年...
  2. NCL
    1899年創設の米国最古の消費者団体、全米消費者連盟(NCL)は1月16日、現代社会問題に切り込むポ...
  3. 電話相談
    第二東京弁護士会の消費者問題対策委員会は、1月24日に電話相談「医療過誤・薬害110番」を開催する。...
  4. 英国の消費者団体Which?
    英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の乗客1人当たりの二酸化炭素排出量が、ライバル会社と比...
  5. 愛知県
    愛知県で1月27日から、通訳を介した外国人向け消費生活相談が開始される。実施するのは公益財団法人愛知...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  2. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  3. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  4. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  5. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
ページ上部へ戻る