介護食品、遅れる普及 食事事故続発 農水省が活用働きかけ🔓

超高齢社会到来の前触れのように、高齢者による食品の誤嚥(ごえん)・窒息事故が深刻化している。

高齢者施設だけではなく、自宅での摂食でも事故は後を絶たない。日本は7年後の2025年に団塊世代が75歳以上、2040年には団塊ジュニア世代が65歳以上となる。3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という社会の到来だ。衣食住すべてにわたり対応が求められており、それは日々の加工食品でも同様。高齢者向けには誤嚥・窒息防止をはじめ、栄養価があり、咀嚼(そしゃく)しやすく、飲み込みやすい食品の開発・普及およびその制度的保証が前提となる。

運用検討は始まったばかりで、農水省は高齢者向けの食べやすい食品を「スマイルケア食」とし、JAS制度に位置付け普及推進を呼びかけている。だが、事故が止まない中での実効性ある対策は、管轄官庁が多元化している中では課題が多いとの意見も。スマイルケア食品とは何か、どんな点が特徴か。取材した。

農水省は、65歳以上の在宅療養患者の7割以上が「低栄養」か「そのおそれがある」と説明する。国立長寿医療研究センターの調査結果に基づくもので、在宅療養患者の3割が「噛む」ことに制限を感じているという。噛む行為の困難な人は…(以下続く)

(本紙「ニッポン消費者新聞」9月1日号より転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

関連記事

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. ペダル踏み間違い時加速抑制装置啓発ビデオ
    国土交通省は4月16日、ブレーキとアクセルの踏み間違い事故を防止する「ペダル踏み間違い時加速抑制装置...
  2. 英国の消費者団体Which?
    英国の消費者団体Which?は4月16日、オンライン通販Amazon(アマゾン)で売られているハイテ...
  3. ジャガイモ調理
    農水省と環境省は4月12日、2016年度に国内で発生した食品ロス量が643万トンになったと発表した。...
  4. CPSCが警告したベビーベッド
    米国で赤ちゃんの死亡事故が相次いでいたフィッシャープライス社製ベビーベッド「ロックンプレイ・スリーパ...
  5. 電話相談
    今月27日からの大型連休の期間中、消費生活センターの多くが休館することから、消費者庁や国民生活センタ...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る