実効性問われる山菜の出荷制限、今年も多い放射性物質基準超過

厚労省は5月13日、原子力災害対策本部長指示として茨城県に対し、同県6市で採れた山菜「こしあぶら」に対する出荷制限の設定を指示したと発表した。一方、同日には、岩手県のドライブインで販売された「こしあぶら」について、販売事業者が自主回収に着手したことが消費者庁のリコール情報サイトで公表された。基準値超過の「こしあぶら」のほとんどが、すでに消費されたとみられる。

食品の放射性物質の基準値は1キログラムあたり100ベクレル。出荷制限を受けた茨城県の6市では、120ベクレルから627ベクレルもの間で検出された。岩手県での自主回収販売品は260ベクレルだった。「こしあぶら」は中部・東北地方では春の山菜の代表格。タラの木よりも高さのあるこしあぶらの木の芽だ。少し苦味の混じった柔らかい触感を持ち、天ぷらはじめ、おひたしや鍋物などしょうゆ味の煮込みでも人気もの。

基準超過の検査結果が出たのは4月23日から4月26日。公表及び出荷制限が指示されたのは5月13日。今年は大型連休中までが食べ頃だったため、何のための出荷制限、自主回収か、実効性が問われる対応となっている。

関連記事

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. toast
    日本パン公正取引協議会は7月18日、イーストフードや乳化剤の「無添加」「不使用」の強調表示について、...
  2. 郵便ポスト
    企業の消費者担当部門の担当者などで構成するACAP(公益社団法人消費者関連専門家会議、村井正素理事長...
  3. ホワイトハウス
    米環境保護局(EPA)は7月17日、大気汚染に関する年次報告書をまとめ、大気汚染防止法が制定された1...
  4. コイン
    「利用料金が未納」などのメッセージをSMSで送り付け、電話をかけてきた消費者にニセの消費生活センター...
  5. 国民生活センター
    国民生活センターはインターネットを活用した消費者からの情報収集ツールとしてホームページ上に設置してい...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  4. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  5. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る