オンラインで開催へ 食品ロス削減推進大賞表彰式

消費者庁は2月22日、ウェブ配信によるオンライン形式で食品ロス削減推進大賞表彰式を開催する。受賞者は内閣府特命担当(消費者担当)大臣賞、消費者庁長官賞、審査委員会委員長賞など7団体・2個人。

内閣府特命担当(消費者担当)大臣賞はハローズ。持続可能なフードバンクへの商品提供の仕組みを改善し「ハローズモデル」として開発した。このハローズモデルに沿って各社・メーカーに幅広く商品提供を呼びかけた。これまではフードバンクの倉庫に一旦商品を入れて引取団体に配っていたものを引取団体が直接近隣店舗に取りに行けるよう仕組みを変えたことで、商品の提供拡大につながった。

消費者庁長官賞は井出留美さん、クラダシ、チーム「それいいね!!」の2団体1個人。

井出さんは「食品ロス削減推進法」の制定に協力。食品ロス削減の重要性を広報・啓発した伝道師(エバンジェリスト)として評価された。クラダシは日本で最大級の社会貢献型フードシェアリングプラットフォームを開設。ネットを活用して食品ロスを削減させ、廃棄対象食品の発生抑制を促す仕組みを構築した。チーム「それいいね!!」は、高校生と大学生でアイディアを出し合い、スーパーでの賞味期限切れ商品の廃棄を無くすために「食べてほしーる」運動を提案した。

審査委員会委員長賞には、静鉄ストア、ダイエー・豊中市社会福祉協議会、滝沢秀一さん、バリュードライバーズ、福井県連合婦人会の4団体1個人が入賞。それぞれの食品ロス削減につながる活動が評価された。

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 兵庫県立消費生活総合センター
    兵庫県内の相談窓口に寄せられた2023年度の消費生活相談件数は前年度比4.4%減の4万6908件だっc
  2. 日本生協連
    ◎エシカル消費対応商品は9%増と伸長 日本生活協同組合連合会がまとめた全国117主要地域生協の20c
  3. 東レインターナショナル片岡社長
    東レ100%出資のメーカー商社、東レインターナショナルは6月13日、グループ初となるアップサイクル事c
  4. 消費者庁
    ◎消費者庁、景品表示法に基づく法的措置概要を公表 消費者庁が公表した景品表示法に基づく法的措置概要c
  5. みそ汁・スープのやけどに注意
    6月11日に閣議決定された水産白書によると、2022年度における魚介類の1人1年当たりの消費量は22c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る