若者35%が消費者トラブル遭遇 500万円超被害も 都調査

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

都内に住む若者の35%が勧誘や請求を受けるなどの消費者トラブルに遭遇し、6人が500万円以上の被害に遭っていることが東京都の実態調査でわかった。都は調査結果を今後の若者向け情報発信に活かしていく方針だ。

調査は昨年11月~12月、都内在住の18歳から29歳まで男女2400人を対象に実施した。

若者からの相談が多い「インターネット通販」「架空・不当請求」「マルチ商法」「アポイントメントセールス」の4つの取引・商法について被害経験を聞いたところ、いずれかの被害に遭った人は全体の6.5%(156人)、被害には至らなかったものの勧誘や請求されたことがある人が28.6%(686人)となり、あわせて35.1%が何らかの消費者トラブルに遭遇していることがわかった。

被害者156人のうち57人が複数の取引・商法で被害に遭っていて、4つの取引・商法における被害者数は延べ270人。内訳はインターネット通販が98人、マルチ商法が73人、架空・不当請求が54人、アポイントメントセールスが45人。

被害額は「1万円未満」が67人と最も多く、次いで「5万円以上10万円未満」63人、「1万円以上5万円未満」51人などの順。100万円以上の被害が14人出ていて、うち6人は500万円以上の被害に遭っていた。

また、注意喚起情報を入手しやすいメディアを聞いたところ、ウェブサイト(スマートフォン・タブレット)」が47.5%で最も高く、次いで「SNS(ツイッター、フェイスブックなど)」43.6%、「ウェブサイト(PC)」26.3%、「動画サイト(YouTubeなど)」26.0%などと続いた。日常的に使っているSNSはLINEが87.8%、ツイッター73.2%、インスタグラム59.0%、フェイスブック28.1%だった。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 消費者庁
    2020年度に国と都道府県が行った景品表示法に基づく措置命令は計41件で、ともに前年度と比べて7件ずc
  2. 消費者庁
    5月の消費者月間事業の一環として、消費者庁は2021年度消費者支援功労者表彰を発表した。最高賞となるc
  3. sns
    一部のSNSに年齢制限があることを「知らなかった」保護者が4割を超え、前年とほぼ同じ割合だったことがc
  4. 英国の消費者団体Which?
    「食品の栄養が損なわれる」「がんになる」など電子レンジにまつわる神話がいまだに信じられているとして、c
  5. 枝豆
    米消費者団体コンシューマー・リポートは4月27日、美味しくて栄養価が高いとして、アジアで流通する野菜c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る