はしごで作業しない・脚立はまたがない 事故の半数が誤使用

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

脚立やはしごで作業中、バランスを崩すなどして転倒・転落する事故が2019年度までの10年間に398件発生していることが10月22日、NITE(製品評価技術基盤機構)の調べでわかった。全体の約半数が誤使用・不注意による事故で、はしごを不安定な場所に設置したり、脚立をまたいで使ったりする事例が報告されていた。死亡・重傷事故も多数起きていて、NITEは「年末に向けて、庭木の剪定や大掃除などではしごや脚立の使用頻度が増えるとみられる。重篤な被害も多く発生しているので正しく使用してほしい」と呼びかけた。

脚立の誤使用事例

脚立の誤使用事例。天板をまたいで作業するとバランスを崩して転落する危険性がある(NITE再現実験より)

NITEによると、はしご・脚立の事故が今年3月までの10年間に398件発生し、死亡事故(3件)や重傷事故(154件)も相次いでいた。死亡事故はすべてはしごで発生。一方、重傷事故の約76%(154件中117件)が脚立によるものだった。また、全体の約50%にあたる197件が誤使用・不注意によって発生していた。

はしごの事故では、傾斜した地面に設置する事例や身を乗り出して転落する事例、傾けすぎてはしごが滑る事例などが発生。脚立の事故では、天板をまたいで作業をして転落したり、ロックの止め忘れにより製品の脚が開いて転落したりする事例がみられた。

NITEは「はしごは昇降するために使う製品であり、この上で作業しないこと。脚立はまたいで使用せず、天板に乗ることが可能なものと禁じられているものがあるため、説明書に従って正しく使ってほしい」と呼びかけた。どちらの製品も設置場所や使用状況、補助者の有無など多くの注意点があるため、使用前に十分確認することが重要だという。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. CPSCが警告した子ども用ラウンジャー
    弾力性のある椅子の一種、ラウンジャーを使っていた乳児が窒息死する事故が2件発生したとして、米消費者製c
  2. ACAPわたしの提言
    企業の消費者担当者などで構成するACAP(公益社団法人消費者関連専門家会議、村井正素理事長)は1月2c
  3. コンシューマーリポート
    パンデミックで冷凍野菜・果物の売上が伸びる中、米国の消費者団体コンシューマー・リポートが369アイテc
  4. 主婦連合会
    消費者庁が1月21日までパブリックコメントを実施した「食品添加物の不使用表示に関するガイドライン案」c
  5. 消費者庁
    消費者庁は1月20日、大幸薬品が販売するウイルス除去・除菌の効果を謳った商品に対し、効果を示す合理的c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る