「知らないこと多すぎない?」 都地消連が「情報展」

東京都地域消費者団体連絡会(都地消連)は9月19日と20日の両日、都消費生活総合センターで毎年恒例の「消費者から見た情報展」を開催した。使用後の紙おむつを下水道に流す国の計画への疑問、「フレイル予防」のポイント、介護保険制度の欠陥性、レジ袋辞退調査結果、風呂敷の有効性など、生活に密着した問題をパネルを使って展示した。

都地消連の情報展

恒例の「消費者から見た情報展」。風呂敷の活用も呼びかけた(19日、東京都消費生活総合センターにて)

都地消連は、都内各区の消費者の会の連合体。「安全の権利こそすべてに優先、知ろう、叫ぼう、行動しよう」というスローガンを掲げ、40年以上にわたり、身近な消費者問題に取り組んできた。「消費者から見た情報展」は都地消連の年間活動の集大成として位置付けられ、毎年、東京都消費生活総合センターで開催されてきた。今年は「知っててよかった」というテーマで、知らないことが多すぎる消費者問題分野を取り上げ、その調査結果がパネル展示された。

9月19日には展示と同時に、紙おむつリサイクル推進協会の須東亮一会長を招き、高齢社会が進展する中での紙おむつリサイクルに関する状況と課題について報告を受けた。

展示場では、「口の健康」「フレイル予防」「介護保険法の行方」「使用後の紙おむつ」「地中熱の有効利用」「レジ袋辞退率調査」「風呂敷の効能」などの調査結果が展示された。「フレイル」は年齢とともに身体・精神面が低下していく状態を示す。情報展では、その予防へのポイントが説明された。

都地消連・奥田明子共同代表は、「消費者が知るべきことが適正に情報提供されていない現状を踏まえ、行政・企業への働きかけも推進していく」と話す。

(詳細はニッポン消費者新聞10月1日号で)

関連記事

新着記事

  1. NITEガスこんろ事故
    誤使用によるガスこんろの事故が2018年度までの6年間に99件起きていたことが5月23日、NITE(...
  2. 消費者庁
    消費者庁は全国47都道府県の物価モニター2000人対象の5月モニター調査結果速報値をまとめた。公共料...
  3. 消費者庁
    消費者庁・岡村和美長官は同庁が事務局を務める消費者志向経営推進組織が第2回目となる「優良事例表彰」の...
  4. 東京都消費生活対策審議会
    成年年齢引き下げに伴う若年者被害を防ぐため、東京都は5月21日、消費生活対策審議会を開き、都が取り組...
  5. 厚生労働省
    厚生労働省の検討会は5月20日、改正食品衛生法で規定された健康被害情報の届出義務の対象となる成分を示...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る