原則全廃も? 斬新な目標設定求める声 都プラスチック部会🔓

世界がプラスチックごみ対策に動き出す中、東京都は使い捨てプラスチックの削減に向けた具体的な検討を開始した。都独自の長期目標を打ち出すとともに、目標達成に向けた具体的施策を議論していく。9月20日に開かれた第1回部会では、レジ袋規制や散乱ごみ・海洋ごみ対策、ストローなどの使い捨てプラスチックの削減、3Rの徹底などが議題にあがった。

東京都廃棄物審議会プラスチック部会

将来における資源利用のあるべき姿を議論するプラスチック部会。消費者の意識変革を目指す(20日、東京都庁にて)

プラスチック対策を検討するのは、有識者や業界団体、消費者団体で構成する「東京都廃棄物審議会プラスチック部会」(部会長・杉山涼子岐阜女子大特任教授)。パリ協定やSDGsの「持続可能な消費・生産」目標などを参考にして長期目標を設定するほか、目標達成に向けた具体的な対策を設定していく。

長期目標について、弁護士の佐藤泉委員は「社会全体が大きく変わるのではないかとイメージさせる野心的、意欲的な目標を持つことは事業者・消費者の意識改革をもたらす。長期目標をそういうものだと考えた場合、21世紀後半には代替不可能な分野を除きプラスチックは使わないという目標を掲げてもいいと思う」と発言。

持続可能な社会をつくる元気ネット事務局長の鬼沢良子委員も「チャレンジングな目標を立てたと感じさせることは大切。東京都の広報戦略にもなる」とし、国の方針とは別に都独自の斬新な目標を掲げるよう求めた。

また、日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会代表理事の大石美奈子委員は「軽量で丈夫、成型しやすい、輸送における環境負荷が小さいといった理由から、容器包装が瓶や缶からプラスチックに移行し…(以下続く)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. コンシューマーリポート
    町中に設置されている電子看板(デジタルサイネージ)が通行人のスマートフォンのデータを収集し、購買デー...
  2. ペットボトルリサイクル推進協議会
    PETボトルリサイクル推進協議会(東京都中央区)は11月20日、3R推進活動状況をまとめた年次報告書...
  3. 豆乳
    豆乳の人気が広がっている。出荷量は10年連続で増加し、昨年は過去最高を記録。今年は1-9月期ですでに...
  4. 葬儀事前相談員資格認定試験
    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  5. 風力発電
    英国の非営利助言団体「シチズンズ・アドバイス(citizens advice)」は11月8日、陸上風...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  2. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  3. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  4. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  5. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
ページ上部へ戻る