NACS「不当・架空請求なんでも110番」に深刻相談87件

  • 2018/11/6

公益社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会(NACS)は11月3日と4日の両日、「不当請求・架空請求なんでも110番」を開催。87件の深刻相談を収集した。「これって支払わくてはいけないの?」という不当・悪質な請求に関する相談が殺到。NACSでは1月中に報告書としてまとめ、法制度改善などを提言する。

NACS「不当・架空請求なんでも110番」

不当・架空請求の相談に応じるNACS(4日午前、NACS東京本部にて)

NACSは11月4日、「なんでも110番」結果速報を発表した。東京と大阪で合計87件の相談を受け付けたことを明らかにした。

「5日前に契約した結婚式のキャンセル料を請求されているが、支払わなくてはならないか」

「コインパーキングのチケットを紛失し違約金3万円を請求された」

「解約したはずのクレジットカードからの請求を受けた」

など、相談内容は多岐にわたるもので、事例の多くは、不当な請求を受けている消費者の不安感が伝わってくるものだったという。

不当請求事例では「法務省管轄支局」を名乗る「総合消費料金が未納」というハガキによる請求に関する相談件数が全相談数の4分の1を占めたという。また、美容医療、リフォーム、ネット情報商材、仮想通貨便乗商法などの被害事例も目立ち、悪質事業者による不当・架空な請求の実態が浮きぼりになったとしている。

NACSではそれら一つひとつの相談に対応するとともに、事例を精査し、法制度の改善点を提示していく。来年1月中旬に報告書をまとめる予定としている。

関連記事

Pickup!記事

  1. 赤信号
    関東経済産業局は3月19日、叙勲者や褒章受章者などを対象に電話勧誘販売をしていた「日勲」(東京都港区...
  2. 車輪に傘を巻き込む
    新生活がスタートする4月と5月に自転車の製品事故が増加するとして、NITE(製品評価技術基盤機構)が...
  3. 宮腰光寛消費者担当大臣
    国際消費者機構(CI)が提唱する3月15日の「世界消費者権利デー」にちなみ、消費者担当・宮腰光寛大臣...
  4. 全国消費者大会
    全国の消費者35団体が実行委員会を結成し3月15日、都内で全国消費者大会を開催した。今年で57回目。...
  5. which
    ユニークな生活家電を世に送り出し、各国のテレビショッピング業界では知られた存在となっている英国JML...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る