悪質クレーム対策推進法案、国民民主党が国会提出へ🔓

国民民主党は2月20日、「消費者対応業務関連特定行為対策の推進に関する法律案」(悪質クレーム対策推進法案=通称)を発表した。今後、他党に働きかけ、国会提出を図る。同党は、お客からの悪質クレーム・迷惑行為が従業者の業務及び心身に重大な影響を及ぼすおそれのあることがアンケート調査で判明したとして、従業者などが「能力を有効に発揮して健康で充実した生活を営む」ことへの体制整備を国に求めていくとしている。

悪質クレーム対策推進法案

悪質クレーム対策推進法案について説明する泉健太政務調査会長(左)と川合孝典参議院議員(20日)

ただ、消費者団体からは懸念する意見が相次いでいる。

法案には「消費者が苦情の申出を行う機会を十分に確保すること、その利益を養護すること」などを明記し、悪質クレームなどを「消費者対応業務関連特定行為」として位置付け、対策推進への仕組みを盛り込んだもの。

国民民主党によると、繊維・衣料、食品、流通、化粧品、レジャー・サービスなどの産業別労働組合「UAゼンセン」(組合員178万人)によるアンケート調査では…(以下続く)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

関連記事

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. アメリカ消費者連合
    良好な経済環境を背景に、クレジットスコアを確認する人が急減しているとして、アメリカ消費者連合(CFA...
  2. ホスピタルダイエット
    福岡県は8月20日、台湾の業者からインターネットを通じて入手したダイエット用製品を摂取した20代女性...
  3. 人や社会、環境に配慮した商品を積極的に購入する「エシカル消費」を学んでもらおうと、静岡県は「めざせ!...
  4. 高カカオチョコレート
    ポリフェノールを多く含むとうたう高カカオチョコレートについて、北海道消費者協会が含有量テストを実施し...
  5. オーストラリア競争・消費者委員会
    オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は8月16日、ボタン電池の事故防止策を検討する「ボタン電...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  4. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  5. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る