悪質クレーム対策推進法案、国民民主党が国会提出へ🔓

国民民主党は2月20日、「消費者対応業務関連特定行為対策の推進に関する法律案」(悪質クレーム対策推進法案=通称)を発表した。今後、他党に働きかけ、国会提出を図る。同党は、お客からの悪質クレーム・迷惑行為が従業者の業務及び心身に重大な影響を及ぼすおそれのあることがアンケート調査で判明したとして、従業者などが「能力を有効に発揮して健康で充実した生活を営む」ことへの体制整備を国に求めていくとしている。

悪質クレーム対策推進法案

悪質クレーム対策推進法案について説明する泉健太政務調査会長(左)と川合孝典参議院議員(20日)

ただ、消費者団体からは懸念する意見が相次いでいる。

法案には「消費者が苦情の申出を行う機会を十分に確保すること、その利益を養護すること」などを明記し、悪質クレームなどを「消費者対応業務関連特定行為」として位置付け、対策推進への仕組みを盛り込んだもの。

国民民主党によると、繊維・衣料、食品、流通、化粧品、レジャー・サービスなどの産業別労働組合「UAゼンセン」(組合員178万人)によるアンケート調査では…(以下続く)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

関連記事

新着記事

  1. NITEガスこんろ事故
    誤使用によるガスこんろの事故が2018年度までの6年間に99件起きていたことが5月23日、NITE(...
  2. 消費者庁
    消費者庁は全国47都道府県の物価モニター2000人対象の5月モニター調査結果速報値をまとめた。公共料...
  3. 消費者庁
    消費者庁・岡村和美長官は同庁が事務局を務める消費者志向経営推進組織が第2回目となる「優良事例表彰」の...
  4. 東京都消費生活対策審議会
    成年年齢引き下げに伴う若年者被害を防ぐため、東京都は5月21日、消費生活対策審議会を開き、都が取り組...
  5. 厚生労働省
    厚生労働省の検討会は5月20日、改正食品衛生法で規定された健康被害情報の届出義務の対象となる成分を示...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る