民族滅亡?「油漬け日本食」を警戒、食品安全Gネット学習会

「数種類の植物油脂が民族滅亡へと駆り立てるメカニズムが明らかにされてきた」――。こんな研究成果が10月1日、都内で開催されたNPO法人食品安全グローバルネットワークの「メディア懇談会」で紹介された。講演したのは名古屋市立大学の奥山治美名誉教授。「植物油を使って血中コレステロール値を下げると動脈硬化が予防できるとする説は崩壊している」とし、植物油のリスクについてこれまでの研究成果を報告した。

奥山名古屋市立大名誉教授は「日本食品油脂安全性協議会」の理事長でもあり、油脂問題の専門家。10月1日、食品安全グローバルネットワークのメディア懇談会に招かれ、「民族を滅亡に駆り立てる油漬け日本食」をテーマにこれまでの研究成果を紹介した。

講演の中で奥山名誉教授は、「コレステロールと飽和脂肪酸の摂取を減らし、植物油を増やすと血中コレステロール値が下がって動脈効果が予防できるとする仮説はすでに崩壊している」とし、「仮説に沿った形で動物実験をした結果、対象群よりがんや心血管病死亡率が上がり、仮設とは逆の結果となった」とする実験データを示した。むしろ、「動物性油脂やコレステロールは脳卒中を予防する」「数種の植物油脂こそリスクが高い」と説明した。

奥山名誉教授が指摘する「リスク高い植物油脂」の中には「カノーラ菜種油」があり、講演では、「同種油脂を使った実験で有害作用を認める結果も各国で得られている」と指摘した。

(詳細はニッポン消費者新聞11月1日号で)

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 主婦連合会
    公益通報者保護法が2006年4月の施行以降、いまだに法改正が行われていないとして、全国消費者団体連絡...
  2. 森永おっとっと
    森永製菓は12月10日、「おっとっと」や「エンゼルパイ」など13商品の賞味期限を年月日表示から年月表...
  3. 偽造医薬品啓発サイト
    1899年設立の全米消費者連盟(National Consumers League、NCL)は12月...
  4. 多重債務問題懇談会
    2006年12月の改正貸金業法の成立以降、減少してきた多重債務者数の横ばい傾向が鮮明になった。金融庁...
  5. 誇大広告により販売されていたSynovia
    米連邦取引委員会(FTC)は12月5日、健康食品製造販売業者AS Research、LLC(ASR、...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  2. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  3. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  4. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  5. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
ページ上部へ戻る