消費者委員会を徹底サポート 交渉に力注ぐ 二之宮義人さん🔓


消費者委員会・新事務局長、弁護士 二之宮義人さん

「弁護士は代理人であると同時に法実務のプレーヤーです。一方、消費者委員会事務局長は委員会の徹底したサポート役。審判員でも観戦者でもない。委員会の意向に沿って各省庁との連携交渉にもあたるという消費者行政を推進していくためのバイプレーヤーです。そのような独特の役割が期待されていることを自覚しながら、事務局長を引き受けました」

消費者委員会新事務局長・二之宮義人さん今年9月、黒木理恵さんから引き継ぎ、消費者委員会の新事務局長に就任した二之宮さん。弁護士として中国残留孤児への投資勧誘事件、製品事故トラブル、認知症高齢者被害など、多くの消費者被害事件に取り組んできた。

特定適格消費者団体「消費者支援機構関西」の常務理事を今年8月まで務めるなど、市民派弁護士として長年消費者運動にも身を置いてきた。と同時に、内閣府国民生活局への2年間の“出向”経験も持つ。消費者運動と消費者行政。二之宮さんは二つの世界で消費者問題の重要性を体験してきた。就任わずか1週間後のインタビューだが、重責への方針は鮮明だ。

「消費者の声を直接聴くことは弁護士活動の基本です。その声を政策に反映していくのが消費者委員会の役割の一つ。これまでの活動が少しでも活かせるよう、サポート役に徹しながら、消費者委員会の意向を踏まえ…(以下続く)

(本紙10月1日号「消費者問題はいま―提言2018」より転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

関連記事

消費者運動年鑑2020

新着記事

  1. 香港消費者委員会
    指紋認証やスマートフォンなどでドアの鍵の開け閉めができる「電子錠(スマートロック)」を巡り、誤作動やc
  2. 国際消費者機構(CI)
    各国消費者団体で作る国際機関「国際消費者機構」(CI、本部・ロンドン)は1月12日、3月15日に実施c
  3. イベント
    都内消費者団体が2月9日にオンラインセミナー「ウィズコロナ時代の新しい活動様式」を開催する。コロナ禍c
  4. 赤信号
    新型コロナウイルス感染拡大によりオンラインショッピングの利用者が増えるのに伴い、玄関先に届いた荷物がc
  5. 東京消防庁
    去年1年間に東京都内で発生した住宅火災は、前年から7件増えた1550件だったことが1月14日、東京消c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る